2017年11月27日

熊本県熊本市 世安湯(復興銭湯)

世安湯3


先週、熊本県熊本市の銭湯「世安湯」に入ってきた。

世安湯は創業88年。

熊本の震災で煙突が倒壊したりなどの被害を受けたが、いよいよ立ち直り今年の11月に再開を果たした正に復興銭湯である。

路地を入ると倒壊したという煙突が新しい金属製のものになっており、目印となっていた。
真新しい入口を入ると富士山の図柄の暖簾がかかっており、その向こうに下足箱。
上がると小休憩スペースになっており、奥にフロント、左が男湯、右が女湯の入口となっている。

料金を支払い中へ。
脱衣場はカゴとロッカー式になっている。
広くはないが明るく機能的な脱衣場でとても使い良い。

引き戸を開けて浴室に入ると正面奥壁には中島絵師の富士山のペンキ絵が見事に空間を広げている。
その下に奥壁側から半島型のセンター浴槽になっており、奥から電気湯、ジェット浴槽、白い微泡のnano湯浴槽になっている。
左手外壁側には水風呂の浴槽もある。
カランは両壁側に並んでいる。
カラン、浴槽とも湯量、湯温とも申し分ない。
明るい浴室は小ぶりながらも機能的でとても使い易く心地よい良銭湯であった。

世安湯2


上がりに銭湯を守るご夫婦にご挨拶が出来、いろいろなお話を聞く事が出来た。
浴室の構造は昔ながらの熊本銭湯のスタイルを踏襲して復活させたということ。
今では構造の浴室は世安湯のみに残るものとなっている。

震災当時の苦労から復活までの道筋までいろいろなお話をしていただいた。
前回熊本訪問時に入浴した菊の湯は訪問した年に廃業してしまったが、本当はそちらの廃業までに復活したいという目標があったが、今も続く建築ラッシュでなかなか職人が来てくれずかなわなかった事。
その菊の湯の女将が世安湯の若女将に釜の炊き方などいろいろと教えてもらったことなど。
本当に復活までの道筋は大変であったと思う。
それを乗り越えられていよいよオープンしたと聞き、今回はぜひ訪れねばと考えていた。

今回、私も関わったチーム藤沢で行ってきた支援のまとめとして現地を訪れ現在の状況確認とご挨拶で各地をまわるために熊本を訪問。
レンタカー移動で最後に銭湯の近くにて車を降ろしてもらい訪問した。
かなりタイトな行程であったが復興銭湯を訪問することが出来て本当に良かったと思う。

世安湯1


2017年10月07日

今年ももうすぐ銭湯ナイト! 今年はVol.13!

title


銭湯ナイトVol.13 2017/10/7(土)
「銭湯、俺のマニア道」 〜銭湯狂人たちの自分勝手な主張〜


このマイナーでマニアックなイベントを成功させるには、銭湯ファンの皆様のお力添えが必要です!
なにとぞご協力を!


tanukiS

(たぬき湯 墨田区)


銭湯フリーク集合! 銭湯のあれこれを語りあうイベント 銭湯のお宝映像も多数

【出演】(敬称略)
町田忍、下北沢つかさ ナカムラ(風呂屋の煙突) もりたゆたか(銭湯wiki) 銭湯OLやすこ(銭湯OL日誌)

落語:遊興亭福し満

Stephanie Crohin

その他多数

【内容】
(第一部)
「銭湯マニア」それは、普通の人には計り知れぬ、己のみのコダワリを持つ人たち。なぜこんなに必死になって銭湯に行くのか?「そこに銭湯があるから」"Priceless!"と彼らは言う。
今回は各地の銭湯を紹介しながら、マニアの尋常でない心理と行動をえぐります。
町田忍の「銭湯暖簾」紹介コーナーも。

(第二部)
銭湯界では定評のある遊興亭福し満による落語。
本イベント初登場、銭湯OLやすこによる「北海道アツアツ銭湯話 〜札幌小樽編〜」。
銭湯大使ステファニーによる、日本文化と銭湯紹介の新書の紹介。
その他、今回は銭湯美人がたくさん登壇&女湯トークも!

恒例の銭湯ペンキ絵師によるミニ銭湯ペンキ絵のオークションもあります。


【日時】
2017年10月7日(土曜)
19:00 - 22:00 (開場:18:00)

【場所】
ロフトプラスワン(新宿、歌舞伎町)

【入場料】
1010円 (飲食別)
※ 事前予約あり(優待入場できます)
※ 飲食メニューは居酒屋程度の価格
※ 大変混雑しますのでロフトプラスワンWEBより事前予約(ここ)をお勧めします。

銭湯ナイト http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/tokyo1010/


2017年09月19日

台風被害

並木湯


相模原市の並木湯が台風の被害で煙突が折れてしまったらしい。
ニュースで報じられていた。
確かに雨よりも風が強烈だった。

大丈夫だろうか、ちょっと心配である。

※写真は2007年訪問時のもの。

銭湯と路地裏散歩な日々:相模原市 並木湯 - livedoor Blog(ブログ)


2017年05月25日

横須賀市吉倉 新湯

IMG_2392


横須賀市吉倉の銭湯「新湯」に入る。
新湯は京浜急行の安針塚駅より徒歩にて10分程度。

駅からまっすぐ坂を下りて国道16号を右にまがり、トンネルを越えていく。
また、駅を出て左手(横須賀側)にある京急ストア横に駅の上に見える高層住宅群に上がれるエレベーターがあるのでこれを利用して上に。
下りたところから海側に下って行き、最初の信号を右に行くと国道16号線のトンネルを抜けたところに出るので行きの近道として楽にアクセスできる(帰りは上り坂になる)。
国道16号はここでは完全に上下線に分かれており、山側東京行きのトンネルとトンネルの間の古い住宅街、道路より一本路地に入ったところに位置している。

予定より早めについてしまったので、二本に分かれる国道を渡り海側へ。
吉倉公園というのがあって、横須賀線を挟んで向こう側は横須賀本港になっている。
芥川龍之介の碑などを見てから戻ってくると、ちょうど女将さんが暖簾を掛けているところであった。
口開けの客となる。

IMG_2378


建物は簡素な昭和中期的レトロ銭湯。
入口両脇と下足スペースの突き当りにはタイル絵がある。

IMG_2383

左手のタイル絵。

IMG_2383

右手のタイル絵。

IMG_2389


下足スペース奥壁のタイル絵。
前には傘立てが置かれている。

中に入ると番台式。
脱衣場はロッカーは一つもなく、すべて籠利用となっている。
湯銭を支払う時に女将さんにお願いして浴室撮影の許可をいただく。

IMG_2368


奥壁には中島絵師による富士山のペンキ絵(男湯)。
逆さ富士が見事な富士山である。
男女境壁には山から海を眺める親子、鴎に海、ほとんどが白いタイルだけれども品の良いタイル絵がある。

奥壁側には深浅の二浴槽で湯は熱め。
カランは両壁側と鏡のないシンプルな島カラン。
緑イスと汎用のブラ桶。
後から来た常連の爺さんたちは皆イスは使わずに床に直座り。
まったく昔風である。

ところでこの新湯であるが、なんと来月の6月末にて廃業してしまうという(中の脱衣場鏡壁に簡単な告知が貼られていた)。
なので押し迫ってしまう前にゆっくりと入りに来たくなって今回の訪問になった。

IMG_2396


2017年03月05日

神奈川県茅ヶ崎市 不二の湯

IMG_4279

神奈川県茅ヶ崎市今宿の銭湯「不二の湯」。
おそらく神奈川県で唯一の浴場組合非加入銭湯である。
その存在は以前から確認していたがなかなか立ち寄る事が出来ずに今迄自分的には懸案となっていた。
地元の人以外にはあまり訪れる人がいないためか情報も少なく気になっていた。

不二の湯は国道1号線の今宿交差点から寒川神社への古い街道沿いにある。
隣の不二ブロックという建材を扱う会社の経営らしく、駐車場もそちらの敷地に止められるようになっている。
外観は素っ気ないコンクリートの建物に長い「ゆ」と書かれた暖簾が掛かる。

83912800_Unknown

下足スペースには古い傘立て。
下足箱は富士鍵である。

83912752_Unknown

男湯は左手、中に入ると番台式である。
入口側の立ち上がりが高いちょっと変わった形の番台。
入浴料は神奈川県公定料金と同じ470円。

脱衣場もシンプルで素っ気ない感じ。
入口側壁に会社のロッカールームにあるようなスチール製の灰色ロッカーが二段に並ぶ。
他に脱衣籠があり、ほとんどはそちらが使われているようだ。
他に木製テーブルと古いビニールレザーのソファが置かれている。

浴室は白く塗られたコンクリート壁に石材タイルの張られた床。
どこか地方の温泉会館の共同浴場のような雰囲気もある。
奥壁側にやはり石材張りの浴槽があり左手2/3は浅い浴槽、右手1/3は深い浴槽となっている。

83912608_Unknown

浅い方はちょっとぬるめになっており、深い方は結構熱くなっている。
浴槽の仕切り上に湯を撹拌する道具が置いてあり、相客が使用していた。

カランは両壁側と中央に鏡の無いシンプルな島カラン。
シャワー付きは外壁側脱衣場寄りの三基だけで、何故かこちらには鏡が無くてほとんど利用されていないようであった。
イスは緑の永久イス、桶はケロリン。

IMG_4277

入浴時には相客は二人であったがすぐに出てしまい、やがて貸切状態に。
浴場は道路沿いにあるが浴室は奥まっているためかクルマの音もほとんど聞こえずにわずかに湯の音だけが聞こえる。
自分の使うタオルと湯の音だけが響き渡るただただ静寂な空間である。
これも悪く無い、いや、なかなか良い。
いつもの銭湯の入浴ではなかなか味わえないちょっと不思議な感覚であった。

83912944_Unknown


以前に撮影した昼の不二の湯。

IMG_4379


2017年02月15日

京都市南区 柳井湯

IMG_4096


京都市南区の銭湯「柳井湯」に入る。
こちらは昨年(平成28年)訪問するも臨時休業で入れなかったので再訪した。

「京都の銭湯」では無休になっているが実際訪れてみると水曜日定休の表示になっていた。
今回は近鉄の十条駅よりアクセス。

柳井湯は男女別の入口を入ると渡り廊下のような通路で男女境に下足箱。
右手は坪庭になっており、池には魚が泳いでいる。

IMG_4093


その先のガラス戸を開けると脱衣場、左手に番台がある。

IMG_4095


右手壁側にいくつかロッカーがあるがほとんどの客はカゴを使っている。
浴室入口上には富士山のタイル絵があり、右手に流し台のあるスペースが設けられている。

浴室は左手の男女境壁側に浴槽が並ぶ。
一番手前に緑の浴用剤の入ったバイブラ浴槽、次が深い浴槽で中に段のある浴槽、その先が浅い座ジェットつきの浴槽で一番奥に電気風呂の仕掛け湯がある。
浴室の脱衣場入口側に小さなドアがあり、中は暗く何の表示も無いので使われていないサウナかと思っていたら入っていく爺さんがいた。
どうやら使用可能らしい。
その反対側には1人入るといっぱいの水風呂浴槽がある。
カランは奥壁側と外壁側に並び、片側のみの島カラン列が一基。

浴槽の湯は深い浴槽とそれに続く浅い浴槽はちょっと高めの湯温であった。
夕方四時半頃の入浴であったが相客も多くなかなか賑わっている。
ちょっと趣きもあり、古いながら清潔に保たれた気持ちの良い銭湯であった。

IMG_4097




2017年02月06日

奈良県田原本町 五光温泉

IMG_2922


本日は奈良県田原本町の銭湯「五光温泉」に入る。
五光温泉は近鉄橿原線の田原本駅から徒歩で12分ぐらい。
静かな住宅街の路地を行く。
少し広めの道に出たら左に行くとすぐに煙突が見えてくる一軒家銭湯。
暖簾の掛かる入口を入ると下足スペース。
下足箱は鶴亀鍵。

IMG_2924


IMG_2923


男湯は左手になる。
番台で入浴料400円を支払い脱衣場へ。
ちょっと広めのスペース、ロッカーは壁側に作り付けられている。
浴室に入るとすぐにタイル貼りの小品な壁があり裏側に桶の積まれたスペースがある。
カラン列は両壁側。
入ってすぐの左手に狭い通路があり、奥はサウナ室と水風呂になっている。
奥壁側に座ジェット、バイブラ、電気風呂の浴槽が並び、手前側に四角い深浴槽が凸型に並んでいる。
奥壁側には窓になっている箇所があり外はすぐ外壁なのだが、壁に張り付くように岩石が積まれた上に小さな灯篭が置かれた坪庭的な空間が設けられている。
しかし照明がある訳では無いので夕方のこの時間、湯気に曇った窓からはその存在がよく見ないとわからなかった。

立春を過ぎたこの時期だがまだまだ寒く、ちょうど良い湯温の四角い深浴槽で足を伸ばしてゆっくりと温まった。
小雨の降る17時の利用、相客は6名。
地元現役系の良い銭湯であった。

奈良県もこのところ銭湯が減ってしまい、五光温泉も隣湯からはかなり離れてポツンとある銭湯になってしまった。

帰りも田原本駅から近鉄に乗る。
田原本駅は同じ近鉄の田原本線の西田原本駅と駅前広場を挟んで並んでいるが、乗り換えには一度改札口を出て向かいの駅改札を入るちょっと変わった構造になっていた。

IMG_2928


r32_takacyan at 01:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年01月01日

平成二十九年第一湯 旭湯の朝湯

image


あらためまして明けましておめでとうございます。

さて、平成二十九年第一湯は小江戸川越・旭湯の朝湯に入ってきた。

11時近くになって空いているかと思い行ってみるとまだ結構混んでいた。
午前中の明るい浴室で熱い湯にのんびりとつかる。
上りは脱衣場で缶ビール。

帰り道はちょっと遠回りしてぶらぶら。
晴天の青い空、風も無い暖かいいい正月だ。

image


image


image


謹賀新年 平成二十九年元旦

image


あけましておめでとうございます。

本年も「銭湯と路地裏散歩な日々」をよろしくお願い申し上げます。

平成二十九年元旦


r32_takacyan at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月31日

平成二十八年銭湯入り納め 旭湯

image


本日は平成二十八年の大晦日。
いつもの旭湯で今年の銭湯入り納め。

いつもは空いている午後四時過ぎ。
今日はなかなか混んでいる。
いつもの爺さん達に加えて小学生の子供たちとお父さんが何組。
かなり賑やかである。
そのせいか湯はちょっとぬるめだったけど、賑わっている風呂屋や良いものだ。
子供の頃の夕方混み合う銭湯の光景を思い出した。

明日元旦は旭湯は朝湯。
番台の主人に「良いお年を」と声をかけて風呂屋を後に暮れかかる街に出た。

image



image


image


image

帰り道、近くの熊野神社の提灯。