2017年02月15日

京都市南区 柳井湯

IMG_4096


京都市南区の銭湯「柳井湯」に入る。
こちらは昨年(平成28年)訪問するも臨時休業で入れなかったので再訪した。

「京都の銭湯」では無休になっているが実際訪れてみると水曜日定休の表示になっていた。
今回は近鉄の十条駅よりアクセス。

柳井湯は男女別の入口を入ると渡り廊下のような通路で男女境に下足箱。
右手は坪庭になっており、池には魚が泳いでいる。

IMG_4093


その先のガラス戸を開けると脱衣場、左手に番台がある。

IMG_4095


右手壁側にいくつかロッカーがあるがほとんどの客はカゴを使っている。
浴室入口上には富士山のタイル絵があり、右手に流し台のあるスペースが設けられている。

浴室は左手の男女境壁側に浴槽が並ぶ。
一番手前に緑の浴用剤の入ったバイブラ浴槽、次が深い浴槽で中に段のある浴槽、その先が浅い座ジェットつきの浴槽で一番奥に電気風呂の仕掛け湯がある。
浴室の脱衣場入口側に小さなドアがあり、中は暗く何の表示も無いので使われていないサウナかと思っていたら入っていく爺さんがいた。
どうやら使用可能らしい。
その反対側には1人入るといっぱいの水風呂浴槽がある。
カランは奥壁側と外壁側に並び、片側のみの島カラン列が一基。

浴槽の湯は深い浴槽とそれに続く浅い浴槽はちょっと高めの湯温であった。
夕方四時半頃の入浴であったが相客も多くなかなか賑わっている。
ちょっと趣きもあり、古いながら清潔に保たれた気持ちの良い銭湯であった。

IMG_4097




2017年02月06日

奈良県田原本町 五光温泉

IMG_2922


本日は奈良県田原本町の銭湯「五光温泉」に入る。
五光温泉は近鉄橿原線の田原本駅から徒歩で12分ぐらい。
静かな住宅街の路地を行く。
少し広めの道に出たら左に行くとすぐに煙突が見えてくる一軒家銭湯。
暖簾の掛かる入口を入ると下足スペース。
下足箱は鶴亀鍵。

IMG_2924


IMG_2923


男湯は左手になる。
番台で入浴料400円を支払い脱衣場へ。
ちょっと広めのスペース、ロッカーは壁側に作り付けられている。
浴室に入るとすぐにタイル貼りの小品な壁があり裏側に桶の積まれたスペースがある。
カラン列は両壁側。
入ってすぐの左手に狭い通路があり、奥はサウナ室と水風呂になっている。
奥壁側に座ジェット、バイブラ、電気風呂の浴槽が並び、手前側に四角い深浴槽が凸型に並んでいる。
奥壁側には窓になっている箇所があり外はすぐ外壁なのだが、壁に張り付くように岩石が積まれた上に小さな灯篭が置かれた坪庭的な空間が設けられている。
しかし照明がある訳では無いので夕方のこの時間、湯気に曇った窓からはその存在がよく見ないとわからなかった。

立春を過ぎたこの時期だがまだまだ寒く、ちょうど良い湯温の四角い深浴槽で足を伸ばしてゆっくりと温まった。
小雨の降る17時の利用、相客は6名。
地元現役系の良い銭湯であった。

奈良県もこのところ銭湯が減ってしまい、五光温泉も隣湯からはかなり離れてポツンとある銭湯になってしまった。

帰りも田原本駅から近鉄に乗る。
田原本駅は同じ近鉄の田原本線の西田原本駅と駅前広場を挟んで並んでいるが、乗り換えには一度改札口を出て向かいの駅改札を入るちょっと変わった構造になっていた。

IMG_2928


r32_takacyan at 01:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2017年01月01日

平成二十九年第一湯 旭湯の朝湯

image


あらためまして明けましておめでとうございます。

さて、平成二十九年第一湯は小江戸川越・旭湯の朝湯に入ってきた。

11時近くになって空いているかと思い行ってみるとまだ結構混んでいた。
午前中の明るい浴室で熱い湯にのんびりとつかる。
上りは脱衣場で缶ビール。

帰り道はちょっと遠回りしてぶらぶら。
晴天の青い空、風も無い暖かいいい正月だ。

image


image


image


謹賀新年 平成二十九年元旦

image


あけましておめでとうございます。

本年も「銭湯と路地裏散歩な日々」をよろしくお願い申し上げます。

平成二十九年元旦


r32_takacyan at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年12月31日

平成二十八年銭湯入り納め 旭湯

image


本日は平成二十八年の大晦日。
いつもの旭湯で今年の銭湯入り納め。

いつもは空いている午後四時過ぎ。
今日はなかなか混んでいる。
いつもの爺さん達に加えて小学生の子供たちとお父さんが何組。
かなり賑やかである。
そのせいか湯はちょっとぬるめだったけど、賑わっている風呂屋や良いものだ。
子供の頃の夕方混み合う銭湯の光景を思い出した。

明日元旦は旭湯は朝湯。
番台の主人に「良いお年を」と声をかけて風呂屋を後に暮れかかる街に出た。

image



image


image


image

帰り道、近くの熊野神社の提灯。

2016年12月30日

埼玉県坂戸 越乃湯

image


本日はちょっとだけ時間的に余裕ができたので坂戸市の銭湯「越乃湯」に入りに行く。

駅前のミスタードーナツにてソフトバンクケータイの特典を使いドーナツ2個をもらい番台の主人への手土産とする。
都市部の店舗では金曜日はソフトバンクの特典で混んでいるそうだが、坂戸駅前では全く空いていた。

開店時間ちょっと前に到着すると既に入浴客数人。
開店時間には皆上がっていた。
今日の湯は熱め。
ゆっくりと湯につかった。

越乃湯は今年は今日まで。
新年は一月二日に朝湯で9時から12時まで。
その後は7日までお休みするそう。

番台の主人の話だとまきを持ってくる人が怪我で休んでいるため燃料がなく、7日までお休みするとのこと。
新年朝湯は灯油のみにて釜を炊くと言っていた。





武蔵野うどん めんこや小江戸店にて肉汁うどん

image


川越は武蔵野うどんの地域なのだが市街地に徒歩アクセスできるうどん店があまりない。
たいていは郊外の田園地帯にあってなかなか行けなかった。
先月、上尾方面に行く途中、医大病院近くにある武蔵野うどんのめんこやが鐘撞通り、時の鐘近くに小江戸店を開店していた。
ここは旭湯へのアクセス途中なのだが時間的に開いていないのでなかなか寄れなかった。
なので今日、お昼に行ってみることにした。

image

鐘撞通りの小江戸店、先の右手に時の鐘が見える。

開店直後に入店、肉汁うどんの熱盛り、大盛りをたのむ。
ついでにきんぴらも。
きんぴらはこの地域ではうどんや蕎麦店で供される事が多く、めんこやでもなかなか人気らしい。

image

太さが特徴のきんぴら、なかなか美味い。

肉汁うどんは見ためよりあっさりした汁に豚バラと長ネギがたくさん入っている。
久しぶりの武蔵野うどんに大盛りをたのんだが麺は700gもあり、以前の調子で食べたら胃が痛くなってしまった。

お客は八割方観光客である。
開店直後の入店でうどんが提供されるまでにちょっと待ったが、後の入店客にもほぼ同時に提供されていたので昼は茹で置きなのかもしれない。

ともあれ久しぶりの武蔵野うどん、うまかった。

image


2016年12月25日

東京都墨田区 隅田湯

image


本日は墨田区の銭湯「隅田湯」に入る。
今日は所用で都内まで出たのでちょっと廻り道して今年いっぱいで廃業してしまうという同湯に入ることにした。
隅田湯は東武線の鐘ケ淵駅から古い住宅地の路地を抜けて徒歩で5、6分。
入口は円形の屋根に二連のアーチ型の庇の下に男女別入口があるちょっと特徴的な佇まい。
開店前から数人のおばあさん達が待っている。

時間になり開いたので右手男湯入口より中へ。
番台に入浴料を払って脱衣場へ。
中は脱衣場、浴室とも昔ながらのレトロ銭湯。
浴室は奥壁側には緑の山々と手前に入江という風景のモザイクタイル絵がある。
男女境壁には田園風景の中に合掌造りの建物が描かれた長閑な風景となっている。
浴槽は奥壁側で右寄りの中に電気風呂と座ジェットがそれぞれ仕込まれている。

開店と同時に男湯にも8人ぐらいの相客が入り結構賑わっていた。

image


image


image


隅田湯へのアクセス途中、まだ開いていないけれど隣湯のみまつ湯に立ち寄ってみる。


2016年12月20日

埼玉県所沢市 弘法の湯

image


本日は埼玉県所沢市の銭湯「弘法の湯」に入る。
所沢は西武各線が入り乱れる中継地点。
新宿線から池袋線に乗り換えて一駅は弧を描いて敷設された線で半円分を進むと西所沢駅。
弘法の湯は西武池袋線西所沢駅から徒歩6、7分ぐらい。
所沢駅からだと20分程度で到着できる。

西所沢駅から北側、小金井街道の金山交差点から一本裏手の路地と川の間に隠れたような位置に建つ銭湯。
到着したのは開店数分前。
狭い路地には開店を待つ客が20人ぐらいでなかなか賑わっている。

入口は化粧煉瓦の壁に出窓付きの洒落た感じだが、背後は昭和中期的な建物のようである。
入口を入りフロント化された受付で入浴料を払って中へ。
地方銭湯サイズの浴場にて脱衣場もそんなに広くはない。
ロッカーは壁側の造り付け。
木製の床はツヤツヤで心地よい。

浴室は奥壁側に中島絵師のペンキ絵、富士山が男子浴室に跨る形で描かれている。
「平成26年6月11日 ナカジマ」の記載あり。

image

浴槽は奥壁側下に並び、小さい深浴槽の方が薬湯浴槽になっている。
明日冬至は同湯が休みにて本日は柚子湯になっていた。
浴室は中普請で新しくされていて清潔で明るい。
浴槽につかりながら天井を見ると長方形の湯気抜きのある二段式。
湯気抜きの木製格子の向こうに古い湯気抜き窓のある高まりが望め、レトロな銭湯の光景が残されている。

上がって表に出て裏手にまわって見ると川に設置された水門と並んで見える銀色に塗られた煙突から青空を背景に白い煙が上がっていた。

image


image


帰り道は所沢駅まで歩く。
同湯には6年ぶりの訪問だが以前に比べると、あたりは高層マンションがかなりの数建ち並んでいて、その間に古い建物が残っている感じ。

途中、もう残っていないだろうと思いながら3年前に廃業した沢の湯はどうなっているのか見に立ち寄ってみると建物はしっかり残っている。
傍らのコインランドリーは今だ営業中で銭湯も今にも開店しそうな感じであった。

image


実家川越から西武線アクセスでは狭山市の入間川浴場が無くなった今は一番最寄りの銭湯となってしまった。




2016年12月14日

埼玉県さいたま市中央区 鈴乃湯

image


本日は埼玉県さいたま市の銭湯「鈴乃湯」に入る。
鈴乃湯は埼京線与野本町駅から徒歩にて6分程度。

広めの道路沿いに建つ建物は昭和中期的な感じ。
もともと番台形式であったのを建物右側に入口を移しフロント化した感じなのでフロントの前は女湯、男湯へは左手廊下で奥へ行く変則的な造りになっている。
脱衣場は簡易的な格天井。
ロッカーは壁側に造り付けが並ぶ。

浴室は奥壁にペンキ絵、中島絵師のもので田園風景の奥に雪の峰々が並ぶ風景。
平成27年に描かれたもの。
その下には深浅のニ浴槽。
深い方は座ジェット二基、浅い方は半分がバイブラになっている。
カランは両壁側と島カラン一基。
浴室は中普請時に全体的に新しい大判タイルに更新されているが男女境壁に珍しいものが残されている。
浴室間の石鹸渡し穴。
かつて石鹸が貴重だった頃、家族で銭湯に行くとひとつの石鹸を男湯から女湯へ、また女湯から男湯へと渡すために作られた斜めに石鹸をシュートする穴。
以前、愛知県の仁川湯で見た事があるがここのはふたつの穴がならぶ複線構造で開いている。

帰りにフロントの主人に聞くと創業は東京オリンピックの年、1964年との事だった。
夕方6時頃の利用だったがなかなか相客も多く賑わっていた。
道路沿いには6台ほどの駐車場も完備しているが、入る時も出る時も見ると3台ほどの待ちが出来ていた。