2009年09月01日

鶴見線海芝浦駅 海芝公園

鶴見
生麦まで行った折に鶴見まで脚を伸ばして、以前から興味のあったJR鶴見線の海芝浦支線に乗って海芝浦駅まで行って来ました。
この駅は東芝京浜事業所の中にある1面1線の行き止まり駅。
東芝の敷地内であるために東芝関係者以外は改札を出ることはできない「降りられない駅」として有名です。

昔、私鉄の鶴見臨港鉄道だった鶴見駅の鶴見線ホームは西側の高架に独立していて京浜東北線ホーム側からは改札を通って入るようになっています。
駅は古い終点駅の佇まいで向かい側4番ホームには壁に造り付けられた木製の長いベンチがあります。

やってきた電車に乗って鶴見駅を出発します。
利用者のほとんどが工場勤務者のこの路線ですが、意外と多くの乗客がいました。

発射した電車はすぐに総持寺の前を通過しますが、ここに廃駅になった「本山前駅」の遺構が残っています。
駅と駅の間隔が短いため電車はゆっくりと進み、国道駅〜鶴見小野駅〜弁天橋駅〜浅野駅と進みます。
ここから線路は大きくカーブして海芝浦支線へ。
車窓の左手には運河が迫る路線を走っていきます。

途中車窓

途中駅の新芝浦駅で停車時に見ていたら魚が飛び跳ねるのが何度も見られました。

やがて再び大きく左カーブをして、すぐに終点の海芝浦に到着します。

海芝浦ホーム

京浜運河沿いの駅ホーム、車内からの眺めはこんな感じです。

海芝浦車内から

電車ほ降りても駅からは出られませんが、ホーム終端の先に続く場所に「海芝公園」という小さな公園があります。

海芝公園

京浜運河を挟んで向かい側には首都高速湾岸線の鶴見つばさ橋が望めます。
なかなかのんびりとした公園にはベンチもあり、お弁当などを持ってきてもよさそうな感じです。
駅舎には飲み物の自販機とトイレもあるので安心です。

前にはこんな船も通ったりします。
船


写真を撮ったりしているうちに乗ってきた電車の折り返し時間になります。
これに乗らないと1時間以上後にならないと次の電車は来ないので、乗ってきた乗客も全員電車にのります。
やがて電車は出発、鶴見駅へゆるゆると走っていきます。

鶴見〜海芝浦4.7キロ、なんだか不思議な空間に小旅行した感じがします。
今度は1本電車を見送ってゆっくりしてみたいと思います。

因みにこの公園は夜景を楽しむこともできるそうですが、平日は22:29、土休日は公園の閉園時間の20:30から25分後の20:55発の最終電車に乗らなければ帰れなくなりますのでご注意を(笑)


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by igeta->hiropon   2010年07月27日 22:15
5 こんばんは。私も今日行ってきました。私の場合ははじめから海芝浦目的で目指したのですが、


「一度も改札から出ずに」

ということにこだわった結果、浜川崎での南武支線と鶴見線の乗り換えは結局出なければならなかったものの、地下鉄の乗り入れをうまく利用して片道3時間くらいで到達出来ました。

着いてすぐに鶴見つばさ橋が目の前に見えたのは感動でした。時間の都合で15分程度しか居られなかったのがすごく残念です。次はもっと早めに行ってゆっくりしたいものですね。
2. Posted by まぁやぁ   2010年07月28日 20:25
ここの非日常感がなんともいいですね。
冬なら夜景も見られるそうです。
私も今度はお弁当持参で1本やり過ごしてのんびりしてみたいと思っています。

しかし〜ここの駅まで結構な乗客があり、電車到着→ほとんど海芝公園へ→写真撮影→すばやく帰りの電車に、って流れがちょっと可笑しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔