2009年10月24日

西武安比奈線ウォークに参加して来ました。

今日は西武新宿線南大塚駅から入間川まで伸びる西武安比奈線の跡を歩くイベントに参加して来ました。

今回は歩いているうちに携帯にて撮影、編集して掲載してみました。

3c740aa2.jpg

安比奈線は西武新宿線南大塚駅から入間川まで弧を描いて延びる単線の軌道跡です。
途中に長閑な田園風景や森の中、河川敷近くの築堤上や鉄橋などを通る短いながらも変化に富んだ路線跡です。

また、比較的都心からも近くて見に行きやすい立地のためにわりに知られている廃線跡です。
廃線跡と書きましたが、正しくは休止線で、西武新宿線の車両基地化の計画もあるそうです。

今年3月から先頃まで放送されていた川越を舞台にした連続テレビ小説「つばさ」のロケに使われてから知られるようになり、歩きやすいように整備されたので訪れる人も増えていたようです。

先日、川越祭りの際に安比奈線ウォークのポスターを本川越駅で見たので参加してみようと、朝6時の小田急線に乗って出発しました。

80db46d9.jpg

出発会場は南大塚駅からすぐの南台かすみ公園。
時間より早く着いてしまったと思ったら〜すでにたくさんの参加者が集まっています。
やがて時間になり、名前と連絡先を書いた紙を出して出発です。
スタート地点には「つばさ」のロナウ二郎役の脇知弘さんが見送りをしていました。

f1d60a2a.jpg

公園から出て軌道跡へ。
南大塚から国道16号までは大きくカーブしていて路線の敷地はキレイに整備されています。
右手の歩道橋から国道を渡るとそのまま路地を入って、踏切跡のすぐ脇のお団子屋で焼き団子を1本買ってから、また軌道敷地へ。

この辺りは植木鉢が置かれたり菊がたくさん植えられていたりと軌道敷地が庭化しています(^_^;)

少し歩くと一度道路に出てから田んぼ道を入って行くと鉄橋があります。

b391b7db.jpg

鉄橋からは、また路線の築堤に上がって軌道敷地を歩きます。

たくさんの人たちが線路上を歩く光景はなんか不思議な感じです。
災害で鉄道が不通になったらこんな感じなのでしょうか(^_^;)

5347c70d.jpg

しばらくは開けた場所を走った路線はやがて森の中へ。

00559a80.jpg

ここは安比奈線を紹介するサイトや本に必ずといっていいくらい写真が使われているスポットです。
しばらく森の中を行くと河川敷手前の道路へ。

道を渡ると小さな鉄橋が掛かっています。
ここが池部用水橋梁です。
トロッコ

鉄橋を渡ると河川敷手前の小高い築堤上を走る軌道敷地を歩きます。
途中に撮影で使われた?ようなトロッコが置かれたりしています。

長い間放置された線路は下に木の根が育ったりして浮いてしまった個所もありました。
827293a7.jpg
帰りは八瀬大橋からの道を歩いて、途中で川越総合卸売市場に寄り道しながら南大塚まで帰って来ました。

ff71eede.jpg

参加賞は一筆箋と携帯箸でした。

cd747fe7.jpg
▲今回のコースからは外れていた安比奈線0キロポスト付近

a4c65243.jpg
▲左手は南大塚駅下りホーム




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 旋風と用心棒   2009年10月24日 21:30
こんばんは。
今日、自分が打ち合わせした、南大塚の方も参加されたって言ってました。
来た人から順にどんどんスターとしてってたので、
何人くらい居たのか判らないけど、丁度いい運動になったって言ってました。
2. Posted by まぁやぁ   2009年10月25日 10:04
たしかにちょうどいい運動になりました。
曇っていたので、かえって暑くなくて歩き易い気候でした。

しかしこの手のイベントでいつも思うんですが、参加者の年齢層が高めですよね。
若者は歩かないのか?

帰りの市場の食堂でお昼と思ったらスゴイ行列(泣)
やはりいづみ食堂になりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔