2010年02月15日

季節限定ビール飲み比べ .汽鵐トガーレンのチョコレートビールたち

季節限定ビール

季節限定の地ビールは色々ありますが、バレンタインデーのあるこの時期には特徴的なビールが限定生産されて発売されます。

昨年はネット販売限定のロイズ×サッポロのショコラブルワリーを買って飲んでみました。
今年は普通に店舗売りを始めましたが、このショコラブルワリーはさらにネット限定でショコラブルワリー・スイートというのを発売しました。
そこでまた注文した訳ですが、ついでに色々調べると各地で各種のバレンタインビールが発売されていました。

そこで他に気になった限定ビールを色々買いこんで飲み比べをしてみました。

写真の手前・缶は左から御殿場高原ビールのハニーレモンビール、サッポロ×ロイズのショコラブルワリーのスイート、そして同じくショコラブルワリーのビター。
後列のビンのビールはサンクトガーレンのチョコレートスタウト各種とプラスワンです。

サンクトガーレン

まずはサンクトガーレンからいってみましょう。

最初はインペリアル・チョコレート・スタウト。

インペリアルチョコレートスタウト

アルコール度数8.5のビターで超濃厚な味わいがスゴイ。
通常のスタウトよりも数段強い味わいで、その中に以前流行った高純度カカオチョコレートのような風味が感じられるのが特徴でした。

このビール、うまく保存すれば2年間熟成させる事が出来るそうです。

このビールは限定3万本、毎年すぐに完売するそうで、私もこのビールだけはネットでは購入出来ずに在庫のある取扱店に行って買ってきました。
さらにチョコレート製のタンブラーが付いたセットがあるのですが、これもちょっと仕事の打ち合わせをしてから注文しようとしたら完売でした。
発売から3時間くらいでしたね〜(-_-;)

さて、次はマロンチョコレートスタウトです。

マロンチョコレートスタウト

これはビターな味わいの中、少しだけ栗の甘みの風味を後味として感じるビールでした。
栗の味は前面に出てこない、スタウトの風味とのバランスの良いビールでした。

次はオレンジチョコレートスタウト。

オレンジチョコレートスタウト

これはグラスを口元に持っていった瞬間に爽やかなオレンジの香りが感じられます。
チョコレートとオレンジって結構相性が良いのですが、このスタウトのビターな味わいともよく溶け合っていて、他のチョコレートスタウトとは違った美味しさが味わえました。

次はバレンタインのチョコレートスタウトシリーズの最後、バニラチョコレートスタウトです。

スイートバニラスタウト

これは一番甘みを感じる飲み口のビールです。
バニラの香りが効いていて、スタウトの苦みと甘みがうまく調和している感じでした。

そしてちょっと番外、冬の限定のアップルシナモンエールです。

アップルシナモンエール

これはなんというか、飲んだ瞬間にシナモンの効いたアップルパイのような味わいがします。
材料の一部に実際に焼きリンゴに加工した物を使用しているそうで、その風味がいきているのでしょうね。
これはデザート的に飲むのも楽しいビールですね。



いやぁ〜全部のみました。

これらのビールはみな味わいが深くておつまみのいらない感じでした。
いつもは生ハムなど色々食べるのですが、今回はクリームチーズなどあっさりした物のみにしてビールの味わいを損なわないようにしました。

すべてのみました。

ほとんどのビールが普通のビールよりアルコール度数が高いので〜結構酔いました(^_^;)

次回〜第2弾に続く。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 旋風と用心棒   2010年02月15日 23:54
随分贅沢なビールばかりですね〜!
羨ましいです。自分もバレンタインでチョコレートのビールを飲みましたが、一本だけなのに酔いました(笑)
味わいながら飲むビールってのもいいですね〜って、第2弾があるんですか?
2. Posted by まぁやぁ   2010年02月16日 13:55
第2弾は今夜アップします。
最近は色々な所でチョコレートビールが造られていて、来年はまた他の物も試してみたいと思っています。
季節限定だからこその楽しみですね。

日本ではビールはよく冷やしてガーっと飲むのが主流ですが、スタウトのように味わいながら飲むビールもまた良いものです。
あまりつまみもいらないですしね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔