2010年03月05日

東武博物館に行ってきました。

デハ5

先日、朝霞の陸上自衛隊広報センターを見学した後で都内に移動して「東武博物館」を見てきました。

東武博物館は東武鉄道が運営する鉄道とバスの博物館です。
入場料金は200円。
券売機で買って中に入ります。

入口を入るとすぐ目の前にある5号上記機関車、ちょうど動作展示をしておりました。
なかなかの人気です。

その奥にあるのが大正13年のデハ5電車。
当時の形のままキレイに保存されています。
上の写真はその車内。
丸い照明や木製のシートなどがレトロです。

ねこひげ

屋外展示には1951(昭和26)年、戦後最初に新造した日光・鬼怒川線特急車の5700形5701号車がありました。
そのフロントヴューから通称「ネコひげ」と呼ばれていたそうです。

東武鉄道はバスも運行しているのでバスの展示もありました。

バス

1951(昭和26)年製のキャブオーバー型バス。
丸みのあるデザインは今見るとレトロというよりモダンに感じます。
もちろん中にも乗れます。
当時のバスって今より小さかったんですね(^_^;)

そして楽しみにしていた電車運転シミュレーターを体験してみました。
区間は東武伊勢崎線の北千住→牛田の一部。
10030系電車のカットボディで実際の運転装置を使用したシミュレーターはとてもリ アルです。



本物の車両の運転装置を使ったシミュレーターはかなりリアルでした。

平日行ったのであまり混んでいなくてかなり見学もし易かったです。
展示されている車両はすべてベストなコンディションに保たれているのが素晴らしかったです。
しかも中に入れる車両も多いので結構楽しめました。

大宮の鉄道博物館はかなり人気ですが、こちらも結構オススメです。

▼外に展示されていた1720系デラックスロマンスカー。
けごん




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔