2010年04月23日

サントリー「森香るハイボールナイト2010」に行ってきました。


森香るハイボール

4月20日、サントリー主催の「森香るハイボールナイト2010」という催しに参加して来ました。
このイベントはシングルモルトウイスキーについての講座とテイスティング、そしてシングルモルトウイスキー白州を使って美味しいハイボールを作ってみようという企画でサントリーが主催しておこなわれました。

会場は渋谷、宇田川町にあるNOS ORG(ノスオルグ) 。

ORG店内
中はこんな感じ。

ちょうど東急ハンズ渋谷店の斜め向かいにあるビルの地階にあるお洒落なバー。
今年4月1日にオープンしたばかりの新しいお店です。

シングルモルト講座

さて、内容ですが、前半はシングルモルトウイスキーの成立ちや特徴、製作過程を国内外の蒸留所の例をあげながらわかりやすくお話が進みます。

テイスティング

途中でテイスティングも織り交ぜ、体験しながら学べる講座になっています。

写真のテイスティンググラスは4種類のシングルモルトウイスキーが入っています。
これに少量の水を加えたものを飲んで比較します。
左上がザ・マッカラン12年、甘い鼻抜けの香りが素晴らしい。
右上はボウモア12年、かなりスモーキーな香りが特徴で、最初に口に含んだ時の香りは私的には蔵座敷の匂いを連想してしまいました(笑)
これにコーヒーチョコを食べてから口に含むと素晴らしい味を楽しむことが出来ます。
左下は山崎10年、これも独特の甘い香りと厚みのある味わいが特徴となっています。
右下は白州10年、青リンゴのような香りの爽やかな味わいです。

普段こうして飲み比べる事はなかなか無いのでとても良い体験になりました。

続いてシングルモルト白州講座。

白州講座

森の中の白州蒸留所の特徴やそこで生まれるウイスキー「白州」の味わい、そして白州に合うお食事の紹介まで多岐にわたっています。

山梨県の白州は私も何度も訪れましたが本当に水の美味しい所です。
南アルプスと八ヶ岳連峰に挟まれた素晴らしい環境の場所です。
以前にはキャンプ用の水をよく汲みにいったりしていました。

白州講座2

白州と料理とのマリアージュの説明で会場になったNOS ORGの店長も登場です。

さて、いよいよ「森香るハイボール」を実際に作って味わいます。
白州10年

冷えたソーダ、白州10年と氷を入れられた白州蒸留所オリジナルグラス。
このグラスは白州をイメージした淡いグリーン、冷たさを充分感じられるように薄手に作られています。
この3点がすべて冷やされた状態で提供されます。

STEP1:まずはマドラーでグラス内の氷を手早く回転させてグラス本体を充分に冷やします。
グラスが充分に冷えたら中の氷が溶けた分の水をグラスを傾けてマドラーで氷が落ちないようにしながら他に流します。

STEP2:白州をグラスに注ぎます。
量はだいたい指2本を重ねて横にした位の高さまで。
そしてマドラーで混ぜて冷やします。

STEP3:冷えたソーダを注ぎます。この時にグラスを傾けてソーダが氷に当たらないように入れるのがコツです。
注いだら上からマドラーで氷を縦にひと押し、この程度で充分混ざるそうです。
注ぐ時に氷に当たらないようにするのも、縦にひと押しで混ぜるのもソーダの炭酸ガスが逃げないようにするためです。

STEP:この後のひと工夫。
ミントの葉を手のひらにのせてパンッとひと叩きしてからグラスにいれます。
爽やかな香りが広がって「森の香り」の部分が加えられます。

これで完成。
ハイボール

さっそく飲んでみます。
おおっ、美味い!

ちょっとていねいに作るだけで美味さが断然違います。素晴らしい!

全員で乾杯、言葉は「森香る〜ハイボール!」でした。



その後はお料理も出て懇親会。

料理

最初に「農家のこせがれ野菜」という蒸し野菜がテーブルに運ばれてきました。
これが美味い、野菜の旨みと甘みが最大限に引き出されています。

その他の料理は後方のテーブルより自由に取って来ます。
ローストチキン、ソーセージグリル、フィッシュ&チップスなどなど、どれも美味しい料理です。
そしてどれも添えられている野菜類がとても美味しい。

おつまみ

ついつい食べ過ぎてしまいました。

さらにハイボール作りの指南を受けて〜飲んで楽しみますす。
私はマッカランで濃いめのヤツを作ってみました〜いい香りです。

最後はデザートにクリームブリュレ、なんと白州18年との組み合わせ。
クリームブリュレ&白州18年

これがまた美味い
最後まで大満足の催しでした。

今回初めてお酒関係のこういった催しに参加させていただいたのですが、知っているようで知らなかった事もたくさんあり、とても良い経験をさせていただきました。
知ることによって今まで飲んでいたウイスキーもさらに楽しめるようになりました。

NOS ORG壁の森
▲エントランス階段の壁はNOS ORGコンセプトであるオーガニックを表しています。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔