2011年06月06日

三軒茶屋の路地裏グルメ 「三軒茶屋ラヂオ焼」 


ラヂオ焼 まよぽん

三軒茶屋の路地裏にあるラヂオ焼というものを出す、その名も「三軒茶屋ラヂオ焼」なるお店があると聞いて、これは是非食さねばと思い立ったのでさっそく行ってまいりました。

まず、ラヂオ焼とは何ぞやという事で、お店のサイトから抜粋した物がこちら。

ラヂオ焼はたこ焼きの原点。
昭和8年、牛スジ肉、コンニャクを入れて焼いたものが源流。
当時のラヂオは、高価かつハイカラの象徴。
その丸いダイヤルにあやかり、「ラヂオ焼(ラジオ焼き)」と名付けられたとも言われている。

お店は三軒茶屋の駅のすぐ近く。

渋谷方面からきた玉川通り(国道246号)と世田谷通りが分岐したV字の三角地帯にある多数の飲食店が立ち並ぶ路地の中に同店はあります。

ラヂオ焼 店頭


奥に細長い店舗はレトロな感じにつくられていてなかなか楽しい感じです。

カウンターのみのお店、奥に詰めて座ってさっそくラヂオ焼を注文します。

店内の一部はこんな感じ。

ラヂオ焼 店内


柱の古いタイプの傘の電灯は電柱の照明をイメージしているそうです。
天井は黒く塗られていて、夜は外の路地裏で飲んでいる感じになるそうです。

写真などもいろいろと貼られていていい感じ。
狭いけれどなかなか落ち着く良い空間が演出されています。

生ビールをいただきながら待つこと暫し、焼き物が出てきました。

ラヂオ焼


右側がラヂオ焼(マヨポン酢)、左側はたこ焼きですがうどん汁につけて食べるようになっています。

どちらもアツアツ。

まずはラヂオ焼。

外はふわっとしていて中はトロっとしています。
その中の具のこんにゃくとスジ肉がなんとも美味い。

しかもビール、ホッピーから焼酎まで、とってもお酒に合いますね (^_^;)

ラヂオ焼、ソース味もあるのですが、私はマヨネーズとポン酢の味にしました。
これがまたよく合うんです。

そして左のたこ焼き。
関西風のうどん汁につけていただくのですが〜これがまたいい。

両品ともクセになるお味でした。

実は土曜日の昼間、三軒茶屋に降り立って最初に訪問したのがこのお店なのですが、あまりの美味さにハマってしまい日曜日の昼過ぎにも再訪してしまいました (^_^;)

そしてまたまた居心地がよくて〜ついつい長居してしまいましたよ(笑)

三軒茶屋ラヂオ焼

東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19
TEL 03−5481−8883

営業時間
平日 16:00〜25:00
土   12:00〜25:00
日祝 12:00〜21:00

定休日:年中無休


r32_takacyan at 20:27│Comments(4)TrackBack(0)B級グルメ | 居酒屋紀行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 旋風と用心棒   2011年06月07日 00:05
こんばんは。

系図を見る限り、ラジヲ焼きの歴史凄いですね!
もしかして、これから流行っちゃうかな?(笑)
2. Posted by まぁやぁ   2011年06月07日 20:09
旋風と用心棒さん

今日、近所の関西出身のおばちゃんに聞いたら、ラヂオ焼という名前は知らないけど、以前にはスジとこんにゃくの入った丸いのはよく食べたといってました。
ただ、これやってる所は今はココ1軒らしいので〜流行るかどうかはわかりません(^_^;)
私的には流行ってほしい。
3. Posted by 田舎うどん   2011年06月12日 08:10
ラジヲ焼きって
聞いたことあるのですが
本物を見るのは初めてです
それと汁で食べるたこ焼き
明石焼きの食べ方のような
いやぁ〜興味が・・・むくむく
4. Posted by まぁやぁ   2011年06月12日 13:47
田舎うどんさん

ラヂオ焼ってメディアに結構登場していますから〜どちらかでご覧になったのでは?
たとえば各駅停車・途中下車の旅とか。
「おやまぁ〜こんなところに」なんて紹介されてたんじゃないですかね(笑)

汁で食べるヤツは柚子コショウを入れても美味しいですよ。
あと、酒のラインナップもなかなかユニークで、金魚わりって知ってます?
焼酎割りに唐辛子と紫蘇を入れたヤツで唐辛子が金魚に見えるから金魚わり。
昔は結構やっている店もあったそうです。
結構楽しいお店で、土日と二連ちゃんで訪問して長居しちゃいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔