2011年10月14日

『ミッション:8ミニッツ』ブロガー限定試写会に行って来ました。


8m-1

都内某所にあるウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン試写室でおこなわれた試写会に参加して来ました。

今回見た作品は『ミッション:8ミニッツ』。

シカゴで起こったテロによる列車爆破事件。
犯人を確保するために政府・米軍による特殊ミッションとして主人公の米軍大尉スティーヴンスは爆破の犠牲者が死亡する直前の「8分前の意識」と同期、その人物となって犯人を見つけ出すという作戦。
8分後には爆破の瞬間が訪れ死亡、そのたびにスティーヴンスは元の自分に戻る。

犯人を見つけるために何度も死亡してはまた戻り、再び8分前からやり直すという繰り返し。
何度も何度も死の瞬間を繰り返す主人公の姿は見ていても辛さが伝わってくるようでした。
どうしてそうなったのか、などは公開前なのでネタバレは避けますが、なかなか惹きこまれる作品でした。
設定も面白く、テンポよく進むので見ていても時間を忘れてしまいました。

そしてポスターにも書いてある

「警告──このラスト、映画通ほどダマされる。」

これはもちろん言えませんので実際に見てみてください(^_^;)



ところで作品を見た試写室、こんな感じでゆったりと、作品にのめり込んで見ることが出来ます。
8m-3


入口ではこの方がお出迎え。
8m-2





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リリママ   2011年10月19日 23:22
見ごたえのあるエンターテイメント映画でしたね。

今日会った知り合いも
たまたま観ていて(飛行機の中で)

最後のしくみについて話をしましたが(←しつこい)

そんなことはどーでも
楽しめる
という結論になりました(笑)

また次回もドキドキする映画観たいですね。




2. Posted by まぁやぁ   2011年10月20日 01:14
リリママさん

なかなか面白い作品でしたね。
他のアメリカ映画より景色の捉え方や色合いが少しだけユーロチックな感じがしました。

ラストは最初はエッ?って思いましたが、主人公の活躍で?違った未来が展開したと理解する事にしています(笑)
この作品、DVD化されて繰り返し見たら違う感じ方になるかもしれませんね。
3. Posted by Jeremy Scott Bear   2011年10月25日 11:46

For £2,500 (yes, really) - or <a href="http://www.jeremyscottbear.com/" title="Jermy Scott Bear"><strong> Jermy Scott Bear<strong></a> $3,920 - the company takes digital stills of <a href="http://www.jeremyscottbear.com/" title="Adidas Teddy Bear"><strong> Adidas Teddy Bear<strong></a> your face, then moulds them over a 3D model to create a hard vinyl chloride 'face'.
The resulting model is called a 3DPF - 3 Dimensional <a href="http://www.jeremyscottbear.com/" title="Jermy Scott Bear Shoes"><strong> Jermy Scott Bear Shoes<strong></a> Photo Form. If a face isn't quite enough, then you can opt for a full head and shoulders.
The company <a href="http://www.jeremyscottbear.com/" title="Jermy Scott Adidas Bears"><strong> Jermy Scott Adidas Bears<strong></a> describes its process as a 'human photocopier'.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔