2011年10月21日

平成23年川越まつり 山車の出発と帰着・納めの儀 まつり動画


▼川越まつり第一日目 西小仙波町山車の出発式と町内曳き

午前中はあいにくの雨でしたが午後からは上がり、町内曳きに出発することになりました。
まつりの最初に山車はまず地元町内を廻って行きます。

山車は会所前で出発式をとりおこないます。
鳶職による木遣りの後、お囃子が始まって山車が曳かれて行きます。

さて、まつり二日目夜、市内を曳きまわってきた山車が会所前に帰ってきます。

▼西小仙波町・素戔嗚尊山車の納めの儀・木遣りと終い囃子

山車は夜の街を曳かれて町内の会所前まで戻って来ると舞台を会所の方向に向けて止められます。
納めの儀として鳶職による木遣りが唄われます。
その後は終い囃子で舞が踊られて終了となります。

少し雨が降ったりもしたけれど、今年もなんとか天気が保ってお祭りを終わる事が出来て良かったです。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 旋風と用心棒   2011年10月22日 01:07
こんばんは。

川越祭りお疲れさんでした。

木遣りは良い物ですね!

自分も仕事で歌う事が有るのですが、
よく覚えて居なくって、
「あぁ〜、えぇ〜」って音程だけでごまかしていますよ(笑)
2. Posted by まぁやぁ   2011年10月22日 01:22
旋風と用心棒さん

木遣りはいかにも情緒があって日本の儀式という感じがいいですね。

しかし「あぁ〜、えぇ〜」ってごまかしてるって(笑)
確かに可能ですよね。

今回はあまり紹介されない?出発と到着にしぼって作ってみました。
他にもたくさん撮ったんですけど・・・・・・整理するのに疲れちゃったです(^_^;)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔