2012年05月11日

『ドラゴン・タトゥーの女』“限定公開版”試写会に行ってきた。


ドラゴン01


ソニー・ピクチャーズ試写室にて『ドラゴン・タトゥーの女』“限定公開版”試写会を見てきました。

実は本作は劇場公開時に映画館で見ていたのですが、なかなかの秀作で好きな映画でした。
今回はDVD発売に併せ、一部映画館でのみ上映された限定公開版での試写会。

全編にわたり美しい北欧の風景、気候の中で物語が進みます。
記事の内容で訴えられて裁判に負けたジャーナリストのミカエルが主人公。
彼が旧家の実業家ファミリーの中に起った過去の事件についての調査を請け負うことから話が進みます。
途中から以前、主人公を調べた調査員リスペットの手を借りてさらに調査を進め、真相に近づいてゆきます。

詳しい内容は見てのお楽しみという事にいたします。
主人公のミカエルを演じるダニエル・グレイクは第6代めの007で有名ですが、淡々と進むミステリー・ヨーロピアンチックな雰囲気の映画にもとても似合います。

また、タイトルのドラゴンタトゥーの女・調査員のリスペットは特徴的な女性なのですが、その辛い生い立ちや人間関係も絡めて物語が進みます。
ストーリーの中で彼女の頭の回転の良さ、精神の強さ、そして主人公ミカエルに見せる弱さが、ドラゴン・タトゥーの女の魅力となって描かれているのです。

本作は158分と長尺の作品ですが、ストーリーに惹きこまれて時間を感じさせない素晴らしい作品になっています。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔