2013年01月25日

藤沢七福神めぐりに行ってみた〜後半。

感応01

前回に続き藤沢七福神めぐりの後半です。

後半最初は三島山瑞光密寺 感応院 七福神めぐりは寿老人。

感応院は源頼朝が静岡の三島から三嶋神社を勧請したのが始まりといわれ、1218年(建保6年)の創建で藤沢宿では最も古い寺といわれています。
藤沢橋から戸塚方面に向かってすぐ、大船入口交叉点手前右手の少し奥まったところに感応院は建っています。
こちらでお参りをして寿老人のスタンプをもらいます。
境内には頼朝が建てたとされている三嶋大明神の社があり、堂が回転するように造られているそうです。

感応03

ちょっと回してみたかった(^_^;)

三島山瑞光密寺 感応院
神奈川県藤沢市大鋸2-6-8
.


諏訪01

次は大黒天・遊行坂の諏訪神社です。

遊行寺と旧東海道を挟んで向かいの東側。
鳥居をくぐったら石段を登ると社殿があります。

諏訪02

左手の建物内には祭りで使う四神剣とともに大黒天が安置されていてガラス越しに見ることが出来ます。

スタンプは階段中ほどにある社務所の前で捺すことができます。

諏訪神社
神奈川県藤沢市大鋸3-7-2



龍口01

次は日蓮上人ゆかりの寂光山 龍口寺 七福神めぐりは毘沙門天

龍口寺は江ノ電江ノ島駅と湘南モノレール江の島駅の近くにある日蓮宗のお寺です。
山門を抜けて石段を登ると天保3年(1832年)に建てられた大きな本堂が見えて来ます。
右手には五重塔、旧松代藩の藩邸を移築した大書院、背後の山には仏舎利塔のある大きな寺院です。

この地はかつて刑場跡で文永8年(1271年)9月12日に日蓮宗の開祖日蓮が処刑されそうになった龍ノ口法難という事件があり、そこに寺院が建てられたということです。

本堂左手にはその際に日蓮上人が入れられたという土牢も御霊窟といわれて残されています。
七福神めぐりは毘沙門天。

門前には江ノ電が通って行きます。

龍口02


寂光山 龍口寺
神奈川県藤沢市片瀬3-13-37




江島01

いよいよラスト、島の弁天様・江島神社。

片瀬江ノ島から橋を渡り江の島に入って銅の鳥居をくぐり、まっすぐ登って行くと赤い鳥居の先に瑞心門が見えます。
石段を登りこの門をくぐって更に右手に登って行くと建永元(1206年)源実朝が創建した辺津宮があり、その左手に弁財天をまつる奉安殿が有ります。
ここでスタンプを押します。

ここを訪問するのには人によってはちょっと階段がキツイですが、楽をするならエスカー(有料エスカレーター)も利用できます。(^_^;)


江島神社
神奈川県藤沢市江の島2-3-8


藤沢七福神めぐり完歩!
七福07


御利益あるといいな。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔