2013年10月19日

またまた旭湯 夕方から雨になった。

画像1

今日は祭りの日。
土曜日は早くから空く若松屋はお祭りでもやっているので午後から行ってみる。

15時の開店だけど到着した開店15分前には既にほぼ満席。
それでも焼き台前のカウンターは空いていてお一人様なのでサッと席に着けた。

即座に辛味噌の容器と塗り刷毛が提供され、飲み物を聞かれ黒ホッピーにする。
そしてすぐに自動的に供給されるカシラ串がやってくる。
素晴らしい流れだ。

画像1

焼き台の大将に聞くと今日はカシラの他はレバしかないという。
二本注文。

その間にもいいペースでカシラ串が供給される。
焼き台の前はやはりいい。
いい流れでカシラが出てくる。

いい具合に食べて飲んだので作法に則り皿の串をバッテンにして供給ストップしてもらう。

画像1

さてお会計、今日は1310円。
滞在は約20分、ごちそうさま。

店の外に出ると、少し待客で列が出来ていた。

まだ早いので街中をぶらぶら。
街中には町内ごとにこんな会所が出来ている。

画像1

中には山車の櫓に載せらるご神像がかざられていたり。

画像1

六軒町、三番叟の山車に載るご神像。
今年は六軒町は山車が欠場なので会所に飾られている。
会所には他の町内の山車の先触れが山車通過の挨拶に来たりしていた。

途中でかつての銭湯『睦の湯』跡をみる。

画像1

ちょうど六軒町の祭り装束のご主人がいらっしゃったのでお聞きすてみたら「もうず13年くらい前に閉めてしまった、もうずっと昔の事だね」との事。
ペンキ絵のある銭湯は以前建築専門誌にも紹介されていたレトロ銭湯であった。
今は上家を活かして手前が駐車場、奥には住居が増築されている。

さて旭湯。

画像1

本日は空いていた。
相客は二名のみ。
ゆっくり湯につかりました。

旭湯を出ると雨。

祭りは夜が見所なのだが大丈夫だろうか。

まぁ、明日もあるか。

画像1






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔