2014年04月18日

甲府は春の花真っ盛り。桜や桃の一気咲きと古墳公園 甲斐風土記の丘

桜02


先日、長野県諏訪に行ったのですが、途中で甲府に立ち寄り、花見をしてきました。

東京では桜は終盤に差し掛かり散ってしまっている頃ですが、家の方より寒い甲府は春めいて暖かくなり始めると桜や桃など、一気に色々な花が咲き始めます。

桜01

立ち寄ったのは甲府盆地の南、甲斐風土記の丘とその背後の曽根丘陵公園。

甲斐風土記の丘は山梨県立考古博物館をメインに広い敷地はキレイに公園として整備されています。

なにしろ開けていて気持ちがいい。しかも空いている。

銚子塚と桜

桜の向こうには四世紀造営の前方後円墳「甲斐銚子塚古墳」。
その向こうには雪の残る南アルプスの山々が見えます。

ここは少し桜が散り始めていましたが、背後の曽根丘陵に登って見ると今が桜の真っ盛りでした。

曽根丘陵01


曽根丘陵02

曽根丘陵公園は敷地内には弥生後期の方形周溝墓群や古墳などが点在する公園。
公園内や道路際には桜がソメイヨシノが満開に花を咲かせています。

遺跡の多い公園にはこんなオブジェも。

勾玉

デカイ勾玉が鎮座しておりました。

そして近くの体育館の駐車場には枝垂れ桜も豪快に咲き乱れています。

枝垂れ桜01

たくさんあるとかなりゴージャス(笑)

そして公園のまわりにはたくさんの桃畑があるのですが、桃の花も満開に咲いていました。

曽根丘陵03

桃は今まさに間引き作業の真っ最中で花を間引いて落とす作業が行われているのですが、まだ手が付いていない畑は見事な桃の花が見られました。

桃02


桃01

下には何やら青色の花も咲いているし、タンポポも黄色い花を咲かせています。

青空の下、花の色のコントラストが見事な甲府盆地でした。



r32_takacyan at 18:35│Comments(0)TrackBack(0)古墳紀行 | 散歩カメラ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔