2014年04月21日

営業時間1時間弱の高難易度浴場・伊東温泉「源氏湯」

源氏01

前回の熱海、水口第一浴場の後、伊東温泉の源氏湯に入って来た。

源氏湯は伊東温泉の観光協会で紹介されている共同浴場一覧には載っていないが一般に公開されていて、いわゆるジモ専ではない。
しかし小さな浴場は僅かな地元利用者のために運営されていて営業時間は実質1時間弱。
なかなか外来者が利用するのには難易度の高い浴場である。

過去の訪問経験からだいたい営業は6:30くらいが多いようだ。
訪問時もその少し前から前を通って偵察。
二度目に通ると灯りが点いて暖簾が出ていた。
前を撮る間もなくとりあえず中に入る。
番台の親父さん、元気そう。
近所の客と釣りの話で盛り上がっていた。
入浴料金200円(他の伊東の共同浴場より安い)を支払い早速入浴。

源氏04

ここの湯は湯温は熱くないがよく温まり、後で効いてくる。
番台の親父さんの話だと、ここは海側の温泉でいわゆる塩湯。
今の伊東の旅館は山側の源泉の引き湯が多いそうだがこちらの海側の湯とは違うそう。
そういえば駅近くの旅館に泊まった時に入った湯とは浴感が違う。

源氏03

簡素な浴室で床に座り汲み湯しながら身体を洗い、湯につかる。
釣り談義に華を咲かせていた相客も入ってきて「今日は病院で血抜かれちゃってねぇ」なんて話しながら入浴。
相客も出て私も出たら女湯側も二人の客が終了、終わりましたの声を聞いて番台の親父さんがスイッチを切る、私が出ると暖簾も仕舞われ本日の営業は終わり、実質45分ぐらいか。
「おやすみなさい、また来ます」と挨拶をして表通りへ。

源来01


ここも定番になってしまったが、昔ながらの中華屋「源来軒」で湯上り後の夕食。
今日はタンメン。

源来02

野菜の甘みが活かされたなかなかの美味いヤツだ。
残念なのはアクセスが車なので湯上りビールが飲めない事だ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔