2016年12月14日

埼玉県さいたま市中央区 鈴乃湯

image


本日は埼玉県さいたま市の銭湯「鈴乃湯」に入る。
鈴乃湯は埼京線与野本町駅から徒歩にて6分程度。

広めの道路沿いに建つ建物は昭和中期的な感じ。
もともと番台形式であったのを建物右側に入口を移しフロント化した感じなのでフロントの前は女湯、男湯へは左手廊下で奥へ行く変則的な造りになっている。
脱衣場は簡易的な格天井。
ロッカーは壁側に造り付けが並ぶ。

浴室は奥壁にペンキ絵、中島絵師のもので田園風景の奥に雪の峰々が並ぶ風景。
平成27年に描かれたもの。
その下には深浅のニ浴槽。
深い方は座ジェット二基、浅い方は半分がバイブラになっている。
カランは両壁側と島カラン一基。
浴室は中普請時に全体的に新しい大判タイルに更新されているが男女境壁に珍しいものが残されている。
浴室間の石鹸渡し穴。
かつて石鹸が貴重だった頃、家族で銭湯に行くとひとつの石鹸を男湯から女湯へ、また女湯から男湯へと渡すために作られた斜めに石鹸をシュートする穴。
以前、愛知県の仁川湯で見た事があるがここのはふたつの穴がならぶ複線構造で開いている。

帰りにフロントの主人に聞くと創業は東京オリンピックの年、1964年との事だった。
夕方6時頃の利用だったがなかなか相客も多く賑わっていた。
道路沿いには6台ほどの駐車場も完備しているが、入る時も出る時も見ると3台ほどの待ちが出来ていた。








トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔