2016年12月20日

埼玉県所沢市 弘法の湯

image


本日は埼玉県所沢市の銭湯「弘法の湯」に入る。
所沢は西武各線が入り乱れる中継地点。
新宿線から池袋線に乗り換えて一駅は弧を描いて敷設された線で半円分を進むと西所沢駅。
弘法の湯は西武池袋線西所沢駅から徒歩6、7分ぐらい。
所沢駅からだと20分程度で到着できる。

西所沢駅から北側、小金井街道の金山交差点から一本裏手の路地と川の間に隠れたような位置に建つ銭湯。
到着したのは開店数分前。
狭い路地には開店を待つ客が20人ぐらいでなかなか賑わっている。

入口は化粧煉瓦の壁に出窓付きの洒落た感じだが、背後は昭和中期的な建物のようである。
入口を入りフロント化された受付で入浴料を払って中へ。
地方銭湯サイズの浴場にて脱衣場もそんなに広くはない。
ロッカーは壁側の造り付け。
木製の床はツヤツヤで心地よい。

浴室は奥壁側に中島絵師のペンキ絵、富士山が男子浴室に跨る形で描かれている。
「平成26年6月11日 ナカジマ」の記載あり。

image

浴槽は奥壁側下に並び、小さい深浴槽の方が薬湯浴槽になっている。
明日冬至は同湯が休みにて本日は柚子湯になっていた。
浴室は中普請で新しくされていて清潔で明るい。
浴槽につかりながら天井を見ると長方形の湯気抜きのある二段式。
湯気抜きの木製格子の向こうに古い湯気抜き窓のある高まりが望め、レトロな銭湯の光景が残されている。

上がって表に出て裏手にまわって見ると川に設置された水門と並んで見える銀色に塗られた煙突から青空を背景に白い煙が上がっていた。

image


image


帰り道は所沢駅まで歩く。
同湯には6年ぶりの訪問だが以前に比べると、あたりは高層マンションがかなりの数建ち並んでいて、その間に古い建物が残っている感じ。

途中、もう残っていないだろうと思いながら3年前に廃業した沢の湯はどうなっているのか見に立ち寄ってみると建物はしっかり残っている。
傍らのコインランドリーは今だ営業中で銭湯も今にも開店しそうな感じであった。

image


実家川越から西武線アクセスでは狭山市の入間川浴場が無くなった今は一番最寄りの銭湯となってしまった。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔