2019年11月09日

坂戸市の廃業してしまった越の湯、その後

6235D6B6-2E86-49C4-88CD-A53696D94990

先日、気になっていた坂戸の廃業してしまった越の湯と近くの看板建築のその後を見に行く。
坂戸駅周辺は再開発の波がじわじわと進み、知っている建物が減って歯抜け状態に更地が増えていた。

通りかかると表にいらしたご主人が私を覚えていた。
入浴客で一度でも話しした人は覚えているという。

廃業は釜場の水槽の破損で、営業時間中であったという。
水槽壁が一気に4mほど決壊して釜場から自宅側が水浸しになったとか。
それで突然廃業することになってしまったとか。

以前より「釜か俺かどちらかが壊れたら廃業だから」といわれていたので少し心配していたが、なかなか元気そうで良かった。
以前より元気そうなので、その旨を伝えると「ヒマになったからな」と言われていました。
建物は70年余、なかなか頑張ったという事です。

B7F5E354-4FAC-4C0D-B5EA-61ED72CE5841

その後の入浴設備は建物はそのままだが中は全て解体し、あの土管連結式の煙突も撤去したという。
気になっていた女湯側の高校生(当時)が描いたという富士山のペンキ絵は壁板ごと残しているそうで、今は紹介したいという機関に貸し出しているという。

6FB8552C-AAD9-41DB-A5DF-38667EE968B9

その他、銭湯改修など色々面白い話もしていただき一時間余りも立ち話をしてしまった。

かえりがけに、四月までは建物もあるから、またお茶でも飲みに来てというので、今度はお茶菓子でも持参して行こうと思う。

近くの立派な看板建築の安斉時計店は隣家とともに解体されて更地になっていた。
越の湯の主人に聞くと越の湯廃業から程なくであったという。

AE12C358-1D99-4939-8EF0-5DDDFB31E745


r32_takacyan at 09:29│Comments(0)銭湯・お風呂 | レトロ銭湯

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔