鉄道旅情・駅

2009年09月01日

鶴見線海芝浦駅 海芝公園

鶴見
生麦まで行った折に鶴見まで脚を伸ばして、以前から興味のあったJR鶴見線の海芝浦支線に乗って海芝浦駅まで行って来ました。
この駅は東芝京浜事業所の中にある1面1線の行き止まり駅。
東芝の敷地内であるために東芝関係者以外は改札を出ることはできない「降りられない駅」として有名です。

昔、私鉄の鶴見臨港鉄道だった鶴見駅の鶴見線ホームは西側の高架に独立していて京浜東北線ホーム側からは改札を通って入るようになっています。
駅は古い終点駅の佇まいで向かい側4番ホームには壁に造り付けられた木製の長いベンチがあります。

やってきた電車に乗って鶴見駅を出発します。
利用者のほとんどが工場勤務者のこの路線ですが、意外と多くの乗客がいました。

発射した電車はすぐに総持寺の前を通過しますが、ここに廃駅になった「本山前駅」の遺構が残っています。
駅と駅の間隔が短いため電車はゆっくりと進み、国道駅〜鶴見小野駅〜弁天橋駅〜浅野駅と進みます。
ここから線路は大きくカーブして海芝浦支線へ。
車窓の左手には運河が迫る路線を走っていきます。

途中車窓

途中駅の新芝浦駅で停車時に見ていたら魚が飛び跳ねるのが何度も見られました。

やがて再び大きく左カーブをして、すぐに終点の海芝浦に到着します。

海芝浦ホーム

京浜運河沿いの駅ホーム、車内からの眺めはこんな感じです。

海芝浦車内から

電車ほ降りても駅からは出られませんが、ホーム終端の先に続く場所に「海芝公園」という小さな公園があります。

海芝公園

京浜運河を挟んで向かい側には首都高速湾岸線の鶴見つばさ橋が望めます。
なかなかのんびりとした公園にはベンチもあり、お弁当などを持ってきてもよさそうな感じです。
駅舎には飲み物の自販機とトイレもあるので安心です。

前にはこんな船も通ったりします。
船


写真を撮ったりしているうちに乗ってきた電車の折り返し時間になります。
これに乗らないと1時間以上後にならないと次の電車は来ないので、乗ってきた乗客も全員電車にのります。
やがて電車は出発、鶴見駅へゆるゆると走っていきます。

鶴見〜海芝浦4.7キロ、なんだか不思議な空間に小旅行した感じがします。
今度は1本電車を見送ってゆっくりしてみたいと思います。

因みにこの公園は夜景を楽しむこともできるそうですが、平日は22:29、土休日は公園の閉園時間の20:30から25分後の20:55発の最終電車に乗らなければ帰れなくなりますのでご注意を(笑)


r32_takacyan at 22:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2009年06月26日

駅の立ち食いそば「生そば処 爽亭」 登戸

そうてい2
先日立川に行った帰りに登戸でお昼ご飯。
駅から出てきたところで目についたのです。
「生そば処 爽亭」
表の看板のカレーそばの美味しさそうな写真につられて店内へ。
自販機で食券を購入してオーダーするシステムです。
カレーは他のメニューより少し待ちます。

で、出てきたのがコレ。
そうてい1

さっそく食べてみます。

和風カレーのお味はまったく、昔からの蕎麦屋のカレー南蛮のソレでありました。
美味い!
具の豚肉もたくさん入っていてボリュームがあります。

久々に立ち食いそば屋さんでおいしいカレーそばに巡り合いました。

ことろで登戸の駅も小田急、JRともにキレイに改築されて駅前も様変わりしてしまいました。
はじめは登戸駅前の沖縄そばを出すそば屋に行くつもりでしたがお店が無くなってしまっていました。
そこでこの蕎麦屋に入ったのですが〜結果的に良かったみたいです(笑)

JR登戸駅の駅ビル 味の食彩館のぼりと内「生そば処 爽亭」

(livedoor 地図情報)


r32_takacyan at 22:00|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2009年05月30日

街中の古い「赤い地下鉄電車」 

丸ノ内線1
川越の石原町、新河岸川に程近い住宅地に古い電車が置かれています。
かなり老朽化していて、すでに景色の一部と化しているので立ち止まって眺める人もほとんどいません。

この電車は都内を走る地下鉄丸ノ内線で使用されていた車両のひとつです。
おおまかには500形と呼ばれる車両らしいです。
この赤いボディに白いライン、特徴的な曲線の交差したメッキのモールが印象的なデザインで、私が子供の頃には地下鉄といえばこの車両でした。

この車両に書かれた車番は「444」、少し調べてみたら竣工届が56年6月21日、汽車製造株式会社製 91年2月7日に廃車、その後に民間に売却譲渡されたらしい。
当時のメトロニュースには「ギャラリーになる」と紹介されていたそうです。

この型の赤い電車は平成8年7月に丸ノ内線から営業用車両として全廃されました。
因みに同系の赤い電車は地球の裏側、アルゼンチンのメトロビーアスに譲渡されて131両が現在も活躍しているとのことです。
現在でも乗務員室の記載がそのままガラスにあり、車両注意書きなども残っているということです。

この「444」号車は長い間の風雪に耐えてだいぶ痛んでいますが、いつかきれいにされることを期待しています。
丸ノ内線2


r32_takacyan at 11:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2009年04月11日

横須賀市田浦・旧海軍倉庫と引込線跡

倉庫
以前に仕事で横須賀・田浦に行った際に古い倉庫や廃引込線があったのを覚えていて、ずっと気になっていたので日曜日にまわり道して見てきました。
上の建物はコンクリート製で結構古そうな倉庫です。

その先にはやはり煉瓦造りの倉庫があります。
煉瓦倉庫
かなり立派な建物です。
旧海軍時代のものでしょうか、屋根があっさりした鉄板製のようなので後年に作り直したのかもしれません。
ちなみにこの建物は自衛隊施設側から見るとさらに立派です。

廃線
倉庫の先に行くとこんな感じで引込線が走っています。
廃線なのか休止線なのかは不明ですが、結構アスファルトに埋まってしまっている所も多いです。
以前はもう少し線路が見えたような気もします。
使われなくなった踏切の傍らの桜の木が花を咲かせていました。

平面交差
これは今ではほとんど見ることがない平面交差の線路。

橋
こんな橋も残っています。
このあたりの線路内には「米軍施設につき〜」というコーションプレートが立てられています。

隧道
軌道が合流したポイントから先は線路が消滅していました。
その先はおそらく昔は併用軌道であったであろう隧道があります。
ここを抜けると自衛隊施設。
他にもトンネルを塞いだらしい跡などがありました。

田浦港に出てみると、廃艦になった護衛艦「たちかぜ」が係留されていました。
塗りなおされなくなったペンキは白っぽく変色し、艦体に書かれた標的用のラインが寂しげです。
たちかぜ


r32_takacyan at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年04月09日

箱根ビール蔵・春のビールと小田急車両登山線カラー

ビール蔵
さて小田原散歩も終盤、午後4時をまわって雨が降ってまいりました。
ホントは最終目的地の風祭・箱根ビール蔵まで歩いて散歩しようと思っていたのですが、雨がひどくなってきたので歩きはあきらめて、ちょうどやってきたバスで風祭まで。

ここで実は60分999円地ビール3種飲み放題というのが今回の最終目的でした。
これだから鉄道の旅はいいです(笑)
で、さっそくたのんだのが春季限定醸造の「春めきペールエール」とチェリー果汁を加えて造られた「チェリープリンセス」です。
チェリーは飲み放題には入りませんが、興味があったのでオーダーしてみました。
チェリーは甘い、ビアカクテルのような感じに仕上がっています。
ペールエールの方はすっきりさわやかな飲み心地。
ジョッキだと最後がきつくなったりするのでグラスにしてもらいます。
次は箱根ピルス、その次は小田原エールというふうに飲みすすんで、最後はまた季節のビール「ペールエール」をジョッキでたのんで終わりにしました。
しかしこのたま〜にやる飲み放題999円っていうのはビール好きには結構おススメですね。

帰りはまずは箱根登山鉄道の風祭駅から小田原まで。
小田原−箱根湯本間は登山線内ですが、現在は小田急の4両編成の車両が走っています。
登山線内
今回来た電車はなんと、登山鉄道の車両と同じ塗り分けの車両になっていました。
初めてみるのですが、なかなかいい感じ。
後で小田急の友人に聞いてみたら、この前のダイヤ改正から走っているとのことでした。

小田原からはロマンスカーで帰ります。
ろま
やってきたのは旧塗装LSE7000形車。
私の好きなカラーリングです。
なんだかラッキー(笑)

というわけで快適に相模大野まで戻ってきたのです。
ところがこちらはすでに晴れている〜月まで出ています。
小田原で夜桜を見たいと思っていたのですが諦めて帰ってきたのに〜残念。
相模大野駅近くの公園で少しだけ夜桜を見物して帰りました。
大野 桜


r32_takacyan at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年03月12日

新装した相鉄線横浜駅「星のうどん」

星のうどん1
午前中に横浜まで出る用事が出来て相鉄線に乗ります。
せっかくなので久々に駅構内のうどん屋「星のうどん」によって朝ごはんにしようと思い立って行って来ました。

駅の後ろ側階段を下りると星のうどんがあります。
あれっ?新しいお店になっている。
知らなかった〜半分がコーヒーショップになっている。
うどん屋へは右手の方から奥に入るのですが、最初は気がつかずに無くなってしまったのかと少し焦りました。
星のうどん2

いやぁ〜あって良かった、星のうどん。
奥まったけど客のスペースとしては少し広くなって使いやすい感じ。
さっそくいつもの「生しぼりうどん」+「かしわ飯」の食券を買ってたのみます。
少しお値段は値上がりした感じ。
でも〜やはり美味しい。
何時もつい寄ってしまいます。

r32_takacyan at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年02月16日

江ノ電沿線散歩 .リオンビールと食べ歩き

オリオン
昨日の日曜日、まぁまぁのお天気でしたので江ノ電沿線で電車に乗ったり歩いたりしてぶらぶらと散歩を楽しんできました。

まずは藤沢駅で江ノ電の乗り降り自由切符「のりりおりくん」580円也を購入して電車に乗ります。
まずは江の島駅まで。
江の島駅から腰越駅までの江ノ電が一般道路上を走る「併用軌道区間」を歩きます。
電車が道路上に出て来る龍口寺前で少し電車を撮影します。
龍口寺ではちょうど古道具市をやっていたので少し寄り道をします。
古い民具や布地、焼物類など色々と出ています。
結構面白い、あまり見ていると買いそうになるので先に進みます。

この併用軌道沿いは古い建物もまで少し残っています。
龍口寺からすぐの右手には古い看板建物の写真館「星野写真館本店」があります。
店の看板は「店本舘眞寫野星」となっていて古さを感じさせます。
この道を歩いていると、だいたい12分おきにそれぞれ鎌倉方、藤沢方行きの電車が各々やってきます。
道路でみる電車はまた結構迫力があります。
江ノ電マーク

ちょうど今、江の島でやっているVALENTINE ISLAND ENOSHIMA 2009のヘッドマークを付けた電車がやって来ました。

腰越駅に着きましたが、もう少し歩いて海岸通りに出て鎌倉高校前駅まで行くことにします。
腰越駅のすぐ近くの魚屋さんで鰯揚げ(さつま揚げみたいなやつ)を売っていたので買ってみました。
店主が品物をくれるときに「とんびに注意してね」と言ってくれます。
海岸近くは鳶が非常に多くて、何も考えずに食べ歩きしていると、あっという間にこんなのにさらわれてしまいます。
とんび

食べてみると、これが美味しい!
ちょっと日本酒が飲みたくなってしまいました(笑)
今度はお持ち帰りも買おう。

さらに行くと、店舗前の出店でパンを売る店が出ていました。
しらすパンというのがあるので見ていたら「試食をどうぞ」というので食べてみた。
これも美味い!
で、しらすパンとチーズパンを買ってさらに歩きます。

海岸通りに出てしばらく鎌倉側に歩くと「鎌倉高校前駅」に到着。
ここは海岸通り沿いにホームが1本あるだけの、ホントにシンプルな駅です。
前の国道を挟んで目の前は海。
右手には江の島も見えていい景色です。
待っていると江ノ電の現在はいちばん古い車両、バス窓の355+305と1000形の1552+1502の編成がやって来ました。
これに乗って隣駅の七里ヶ浜へ。
江ノ電鎌高前

七里ヶ浜で下車して、海岸通り沿いのコンビニで缶ビールを買って海岸でさっきのパンとビールを楽しみます。
今日はコンビニ販売のみの期間限定のオリオンビール「いちばん桜」にしました。
海を眺めながらのんびりとすごします。

その後、また電車でひと駅の稲村ヶ崎へ。
ここは有名な観光地だけど〜まぁ来ませんね、近くに住んでいると。
よく前は通りますが、稲村ヶ崎自体に前に来たのは小学校の頃かもしれません(笑)
前の海ではたくそさんのサーファーが。
日光でキラキラ光る海でサーフィンをしていました。
サーファー


長くなったので後半は明日。

r32_takacyan at 22:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年02月08日

川越 西武鉄道の休止線・安比奈線

ガーター

少し前になりますが、お天気の良い日に郊外の南大塚まで。
この西武新宿線南大塚駅の脇からの西武鉄道の休止線「西武安比奈線」の跡を散歩して来ました。
安比奈線は西武鉄道の入間川からの砂利運搬のための路線でしたが、1967年からながらく休止状態になっていて、一部では路線内に道路橋が出来ていたりと廃止に近い状態になっています。
前々から廃線跡を紹介するウェブサイトなどにアクセスが楽で見やすいと紹介されていましたので気になっていて、散歩がてら見に行ってみる事にしました。

南大塚の駅を北口に出ると、北に向かって弧を描くように路線跡が走っています。
駅の近くには踏み切り跡の部分のみ線路が残されていて、その後は国道16号線までは柵に囲まれて比較的整備された状態で架線、線路が存在しています。安比奈1

国道16号の踏み切り部分は線路がほとんどアスファルトに覆われてしまっています。
国道を渡ると住宅街をしばらく走っていきます。
この辺も西武鉄道が柵を設けて立ち入り禁止にしていますが、中には植木鉢が置かれたり花壇が出来たりしてしまっています。
安比奈2

やがて住宅地を抜けると長閑な田園地帯を走っていきます。
途中にガーター橋が田んぼの中にあったりします。
安比奈3

しばらく行くと線路は森を抜けて入間川の土手を越え、いよいよ河川敷に入っていきます。
また短い鉄橋があります。
危ないので渡らないでくださいと表示があり、下の小川に板が掛けられていました。
路線
(最初の写真はこの鉄橋の横から撮影したもの)

ここからは築堤の上を行く森林の散歩道という感じで映画「スタンド・バイ・ミー」を思わせるような風景の中を行きます。

やがて線路は八瀬大橋への取り付け道路で完全に遮られている場所に到着します。
橋の下を潜って裏側に出ると再び線路が続きます。
河川敷の草原の中をしばらく進むと、やがて終点の安比奈駅跡に到着します。
この辺りは凄い藪と蔓草の中に架線の支柱が見られるだけで、ほとんど線路は確認できませんでした。
安比奈4

この路線は全長3.2キロの短い区間に宅地、田園地帯、森の中、河川敷と次々に景色が変わる表情豊かな路線跡で散歩に適しています。
ただ、終点の周辺はひどい藪なのであまり見るところもありません。
河川敷の畑脇で止めておくのが無難です。

この路線ですが、私は南大塚駅前に親戚の家があって子供の頃に訪れた際に見た記憶が鮮明に残っています。
当時はまだ線路がしっかり残っていて、いったい何所に続く線路なのだろうかと思っていました。

散歩途中、終点近くの線路沿いに古い転轍機が転がっているのが印象的でした。転轍機


r32_takacyan at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年09月17日

夜の特急ロマンスカー展望席の旅

LSE今日は夕方から家の用事で川越まで。
小田急線で新宿まで出て西武線に乗り換えなのですが、混んでいる時間帯なのでネット予約にてロマンスカー7000形LSEの座席を確保して行くことにしました。
パソコンから指定席の選択肢を見ると先頭展望、後部展望ともに空きがあるようです。
詳細を見ると先頭展望は展望室の後部座席。
それではと後部展望室を見ると最後尾の展望席が空いていたのでそちらにしてみました。
dadaebef.JPGまずは満員の各駅停車に乗って町田まで。
そこから特急に乗り換えです。

後ろを向いて走るロマンスカーの展望席も悪くないのですが、デビュー当時と違って今は前面窓にフィルム(多分UVカット)が貼られていて、駅通過の時しかほとんど景色が見えなくなっています。
なんだかイマイチな感じもしますが、それでも同料金で展望席ってのは気分がいいですね(笑)

乗り込みところでオマケ。
展望室の上に運転席のあるロマンスカー、どこから運転士が乗り込むのか見たことが無い人も多いと思いますので〜この写真です。
1号車と11号車の各展望席の最後尾4列目の後ろの天井に扉があり、運転士が自らロックを外して金属製のタラップを引き出して乗り込みます(写真は乗ったLSE型ではなく後日撮影のHise型)。

因みに新型の白いロマンスカーVSE車は電動でタラップが降りてくるそうです。



r32_takacyan at 20:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年08月09日

鉄道遺跡・廃車置場

廃車1前回の静岡のローカル私鉄・岳南鉄道ですが、比奈駅近くの踏み切りにさしかかると線路沿いに古い電車が何両か置かれている場所がありました。

皆、台車を外されて地面に並べて置かれていますが、特に保存している風でもなくて置かれています。
ちゃんと敷地の草も刈られていて手入れされていますので、倉庫代わりにでもなっているのでしょう。

子供の頃にみた「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪電車の話を思い出してしまいました(笑)

廃車2廃車3

r32_takacyan at 23:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)