B級グルメ

2011年07月21日

富士山麓、吉田うどんの救世主・つるや食堂 山梨県富士吉田市


つるや店頭

ちょっと最近更新をさぼっちゃって、だいぶネタがたまっちゃいました(^_^;)
少しづつ書いていこうと思います。

山梨の下部温泉に出掛けた帰り道、強烈に吉田うどんが食べたくなって訪れたのは「つるや食堂」。

創業して50年以上という老舗の食堂です。
場所は市街地からはちょっと離れた場所、説明しづらいのでこちらでも見てください(手抜き)。

多くの吉田うどん屋が昼時の短い時間しか営業していないのですが、こちらのお店は夜まで通しで営業されています。

いつも吉田うどんの地域を通過するときはお昼を目指しているのですが、毎回だとそうもいきません。

そんな時はつるや食堂があるぢゃないかと目指す、云わば救世主のようなお店なのです(おおげさ)。

もちろんうどんも美味しいんです。

今回たのんだ(というか毎回たのむのはコレ)肉うどん。
肉うどん


吉田うどんは店によって汁の味噌、醤油、または醤油+味噌というふうに違いがあるのですが、つるやさんはあっさりめの醤油味。

とっても美味しくてつるつるっと〜あっというまに食べちゃいます。

おっと忘れちゃいけない、これも吉田うどんの特徴「すりだね」を入れます。
すりだね

これは胡麻と唐辛子等ほ合わせた辛み調味料なのですが、やはり店によって味が異なります。

結構辛かったりするので、初めての方はちょっとづつお試しください。


そして同時にたのんだ冷やし肉うどん。
冷やし肉うどん


吉田うどんの店で昼を食べるとこの組み合わせで注文する男性をよく見かけます。

こちらは少し濃いめの醤油味の汁がかかった、讃岐で言えばぶっかけのようなうどん。

もちろん肉はさくら肉です。

いやぁ〜満足です、どちらも美味かった。


r32_takacyan at 20:06|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年06月28日

鰹節屋のねこまんまおむすび 店頭でアツアツの焼きおにぎりをいただく。


ねこまんま

先日、某番組(在来線の電車でちょこちょこ降りて街歩きというか食べ歩きするヤツですね)で見た焼きおにぎり。

見ているうちに食べたくなったので行って来ました。

やっているお店は一番街の中ほどにある「中市鰹節店」。

実は「焼きおにぎりやってるのなんて見たことない」と家人と話題になっていたのですが、それもそのはず、土日祝日にしかやっていないらしいです。
土日祝日は人が多いんで一番街を避けてましたからね〜(^_^;)

天気のイマイチな日曜夕方、店の前に行ってみると店主が横長の七輪の網の上におにぎりを載せて炭火焼しています。
注文するとその場で醤油出汁を塗って、三角のペーパー(よく焼きたておせんべい屋さんとかで使ってるヤツ)に入れてたっぷりと削り節を盛ってくれます。

削り節は鰹節か片口鰯煮干し削りが選べます。

私は好みで片口鰯の方にしました。

ていねいにひとつひとつ焼いているのでアツアツをすぐに食べられます。

醤油を塗ってもらうとスゴクいい香り〜さらにたっぷり削り節を盛ってもらって店頭ですぐにいただきました。

ねこまんまおにぎり


天気イマイチだったからか〜前に親子一組だけだったんで、意外にすぐに買えたんですが、そのあとからみるみる列が伸びてスゴイ人気でした(^_^;)
いやぁ〜タイミング良かったんですね。

でも奥でも七輪で焼いていて、仕上げを店頭でやるオペレーションになっているのでそんなに待たないでも食べられるようでしたよ。

いやぁ〜美味かった〜また食べたい!


その後はいつもの旭湯へ。

ちょっと涼しい日だったんで〜湯あがりも楽でした。

旭湯


r32_takacyan at 19:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年06月07日

三軒茶屋にあるアジアの街角 あじあ屋台FO


フォー 店頭

三軒茶屋の駅前、ちょうど世田谷通りと玉川通りの分岐する交叉点はとても人通りの多いところ。
この傍らの角地に黄色いテントに「あじあ屋台FO」と書かれた文字通りアジアの屋台風なお店があります。

よしずと布張りの中にはカウンター席が詰めて4席、小さいテーブルが1卓と狭い店舗なのですが、いつ見ても満席に混んでいます。
カーテンの様な布の切れ目が入口でメニューと黄色い「ベトナム汁そば」の提灯が掛けられています。


中はぶんぶん扇風機が回っていますが、すこしムッとするような蒸し暑さ。
ナンプラーやパクチーの香りが漂っていて、席に座っているといかにもアジアの街角といった雰囲気。

テーブルにあるメニューをみて注文を検討、どれも食べたいものばかりです(笑)

フォーメニュー


▼豚肉そぼろと野菜のフォー。
豚肉そぼろと野菜のフォー


▼鶏肉と野菜のフォー
鶏肉と野菜のフォー


鶏肉と〜の方はあっさりした塩味、豚肉そぼろの方はもう少し濃厚な味でどちらも美味しい。

この季節にとっても合っていてササっといただけます。

他にも気になるメニューがたくさん。
次回はご飯ものに挑戦してみたいです。

r32_takacyan at 20:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年06月06日

三軒茶屋の路地裏グルメ 「三軒茶屋ラヂオ焼」 


ラヂオ焼 まよぽん

三軒茶屋の路地裏にあるラヂオ焼というものを出す、その名も「三軒茶屋ラヂオ焼」なるお店があると聞いて、これは是非食さねばと思い立ったのでさっそく行ってまいりました。

まず、ラヂオ焼とは何ぞやという事で、お店のサイトから抜粋した物がこちら。

ラヂオ焼はたこ焼きの原点。
昭和8年、牛スジ肉、コンニャクを入れて焼いたものが源流。
当時のラヂオは、高価かつハイカラの象徴。
その丸いダイヤルにあやかり、「ラヂオ焼(ラジオ焼き)」と名付けられたとも言われている。

お店は三軒茶屋の駅のすぐ近く。

渋谷方面からきた玉川通り(国道246号)と世田谷通りが分岐したV字の三角地帯にある多数の飲食店が立ち並ぶ路地の中に同店はあります。

ラヂオ焼 店頭


奥に細長い店舗はレトロな感じにつくられていてなかなか楽しい感じです。

カウンターのみのお店、奥に詰めて座ってさっそくラヂオ焼を注文します。

店内の一部はこんな感じ。

ラヂオ焼 店内


柱の古いタイプの傘の電灯は電柱の照明をイメージしているそうです。
天井は黒く塗られていて、夜は外の路地裏で飲んでいる感じになるそうです。

写真などもいろいろと貼られていていい感じ。
狭いけれどなかなか落ち着く良い空間が演出されています。

生ビールをいただきながら待つこと暫し、焼き物が出てきました。

ラヂオ焼


右側がラヂオ焼(マヨポン酢)、左側はたこ焼きですがうどん汁につけて食べるようになっています。

どちらもアツアツ。

まずはラヂオ焼。

外はふわっとしていて中はトロっとしています。
その中の具のこんにゃくとスジ肉がなんとも美味い。

しかもビール、ホッピーから焼酎まで、とってもお酒に合いますね (^_^;)

ラヂオ焼、ソース味もあるのですが、私はマヨネーズとポン酢の味にしました。
これがまたよく合うんです。

そして左のたこ焼き。
関西風のうどん汁につけていただくのですが〜これがまたいい。

両品ともクセになるお味でした。

実は土曜日の昼間、三軒茶屋に降り立って最初に訪問したのがこのお店なのですが、あまりの美味さにハマってしまい日曜日の昼過ぎにも再訪してしまいました (^_^;)

そしてまたまた居心地がよくて〜ついつい長居してしまいましたよ(笑)

三軒茶屋ラヂオ焼

東京都世田谷区三軒茶屋2-13-19
TEL 03−5481−8883

営業時間
平日 16:00〜25:00
土   12:00〜25:00
日祝 12:00〜21:00

定休日:年中無休


r32_takacyan at 20:27|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年02月22日

七輿山古墳とレトロなドライブイン七輿 群馬県藤岡市


七輿山古墳 合成2-2

土曜と日曜日の神川町へ出張の際に泊まりは県境を越えてすぐの藤岡市。
早朝に少し時間をとって遺跡散歩というか古墳見学に行ってみました。

昔、群馬県は東国の大国で畿内に通じるような大古墳もたくさん造営されていました。
長い期間にわたって様々な古墳が各地に造られていて、畿内地方のような大前方後円墳から仏教文化の影響がみられる底部が四辺ともに格狭間の形にくりぬかれた家形石棺を持つ古墳までさまざまな物が遺されています。

さて七輿山古墳。
全長145mの規模を誇る前方後円墳は6世紀代に造られた古墳としては東国では最大といわれています。
写真もかなり離れて撮っても一枚に収まらないので2枚を合成してみました。

実はここにはもう10年以上前に訪れた事があるのですが、その時は周りは畑ののんびりしたところでした。

七輿山空中
出典・古墳脇の説明板より。

現在では古墳の範囲は周濠の部分まである程度復元されて整備されていました。
古墳の中段裾には古い五百羅漢などが並んでいて、昔から信仰の地とされていたようでした。

この辺りは古墳群になっていて、他にも大小いくつかの古墳があります。

もう少し山側に進んだ方にはさらに古く5世紀前半に造られた白石稲荷山古墳(前方後円墳・国指定史跡)もあります。

白石稲荷山

こちらは更に大きな全長175m。
岡の方から見たら普通の高さですが、古墳に沿っている河側から見るとかなりの規模の大きさに見えるようになっています。
おそらく水運を利用する人々からの目を考慮して更に立派な墳墓に見えるように計算されて造られているのではないでしょうかね。

さて、七輿山古墳のすぐ近くにレトロなドライブインがあります。

昔は街道沿いにはこんなドライブインが結構ありましたね。

七輿山ドライブイン

ここは昔訪れた時にもあったのですが、かなりの時を経た今でも昔のままに残っていて営業されているのに驚いてしまいました。

中にはこれまたレトロな自販機が、今でもちゃんと稼働して営業していました。

七輿 自販機

昔、このサンドイッチ自販機は買ってみた事がありました。
当時はパンにマヨネーズとコンビーフを挟んだようなものが出てきて、食べたらチープだけどウマかった記憶があります。
現在は激辛サンドが売られているようなので〜ちょっとやめときました(^_^;)

帰ってから検索したて見たらちゃんとホームページらしきものがあるし、食べログにも紹介ページがありました。

しかし〜日曜定休とは(^_^;)

今度は食堂部分が営業している時に行ってみたい。

r32_takacyan at 19:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年01月31日

温泉浴場 宮の湯 長野県諏訪市・上諏訪温泉


宮乃湯外
諏訪を訪れて最後につかったのは「宮の湯」

同湯は諏訪大社上社近く、諏訪湖西岸への道から1本路地に入った所にある小さな民営の温泉浴場です。

元は旅館業も営んでいたのかもしれません。
そんな建物の左手に入口があります。

左右に別れてそっけないアルミ製引き戸で左手が男湯。

中に入ると右手に番台がある銭湯風の温泉浴場です。
呼び鈴を押すと女将さんがやって来るので料金を支払います。

脱衣場、奥の浴場ともこじんまりとした感じの温浴施設。
脱衣棚のみの簡素な造りですがきれいにされています。
男女の脱衣場境壁上には古い温泉成分分析表が掲げられています。

サッシ戸を開けて浴室へ。
奥に浴槽、左右壁にカラン列があります。

宮乃湯浴室

奥の浴槽には上諏訪源泉の湯が満たされています。
入るとちょっとだけ熱めでなかなか心地いい。

手前脱衣場寄りの男女境壁側にも小さな浴槽?が切ってあって、そこにはここ宮の湯源泉が注がれています。
温度は28度くらいなのでかなりぬるいですが、なかなか良さそうではあります。
夏ならかぶり湯をしたいところですね。


さて、上がるともう真っ暗な時間帯、晩ごはんは近くのおぎのやドライブインで峠の釜めしを購入して食べました。

峠の釜めし

貧乏性な私、この釜は車の時はいつも持って帰ってくるのです。
これでキャンピングストーブとかでご飯を炊くと美味しいんですよね。


宮の湯
ナトリウム-塩化物泉 ルカリ性低張性高温泉
源泉 上諏訪1号2号3号混合泉 泉温 61.5℃
360円 14:00〜21:00

宮の湯源泉
単純温泉 緩和性低張性温泉
28℃


※温泉共同浴場は地元の方々所有の温浴施設です。
マナーを守り「利用させていただいている」という事を忘れないで入りましょう。

みちくさバナー



r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年01月22日

温泉といえば玉子でしょう!? 群馬県吾妻郡 草津温泉


湯気の湯畑

雪の日には湯畑の湯気が一段とスゴイ。

向こう側の熱の湯が見えづらくなります。
朝方に共同湯巡りをしていた時にここを突っ切って渡る猫がいてビックリしました。
ただただ眺めていたけど〜写真撮っときゃよかったなぁ。

ここ湯畑周辺でやはり気になるお店がありました。

温泉玉子の「頼朝」。

おんたま店


ここも1個から買えるので買って帰って食べてみました。

おんたま

うまぁ〜い。

こんなのもありました。

ゆあがりビア

地ビール「湯あがり涼風」、中身はヴァイツェンだそうです。
こういうの見ると買いたくなっちゃう私でした(^_^;)

▼オマケ 光泉寺にいらっしゃった「おびんずるさま」。
おびんずる

実は私、川越以外でお会いしたのは初めてです。

r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年01月21日

草津温泉湯畑まわりで食べ歩き 焼肉と温泉まんじゅう


吾妻

温泉場でのお昼を食べに湯畑周辺に。

湯滝通りの角にある焼肉屋さん「吾妻」が気になって入ってみました。

ここは昼にはランチも数種類あって、他に麺類や焼きとりもあります。

カルビランチにビール。

かるび

焼きます、食べます、飲みます。

いいなぁ〜昼間っからビール(^_^;)

食後に雪のちらつく湯畑で足湯に入ります。

辺りを見ると湯気の向こうに温泉まんじゅう屋や温泉玉子屋などが軒を並べています。

その中で温泉まんじゅうの揚げ饅頭を出しているのがこのお店。

山びこ

山びこ温泉まんじゅうです。

揚げたての温泉まんじゅうが1個から買えます。

あげ1

アツアツで美味い!

あげ2

まんじゅうって揚げると美味しいですよねぇ。

で、よく見たら「足湯で飲食はしないでください」って書いてある。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン すみません〜食べ終わってから気がついたんです。


r32_takacyan at 19:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年12月14日

横須賀に行って来ました〜もちろん海軍カレーもね。


三笠

横須賀に行って来ました。

ここも坂の上の雲で盛り上がってます。

でも、目的は非常にB級。

横須賀駅前のレトロな駅前食堂「旭野食堂」にカレーライスを食べるために行ったのです。

しかし・・・・・・・・・・・・・・・臨時休業でした(T_T)

どうしようか。

目の前にはこんなデカイ船も浮かんでいます。

イージス


しばらく考えたんですが、やはり横須賀だからカレーだろう、ということになりました(^_^;)

しかし駅で貰ったパンフレットに出てる店は軒並み行列が出来てます。

以前はこんなに混んでなかったのに〜まち興し、うまく行ってますね。

で、待たずに食べられるであろう知っている店は「さいか屋デパート」食堂!

で、海軍カレー▼
海軍カレー

必ず牛乳とサラダがついているのはお約束。
横にチャツネも添えられています。
そしてこれが結構美味しいんです。

食後は市内をふらふらと散歩。

沖には東京湾唯一の自然無人島「猿島」が。
猿島

一回行ってみたいんですよね〜ココ。
ここはバーベキュー道具のレンタルがあるので食材持って行くと浜辺で焼き肉なんかが出来ます。

横須賀は歴史ある街なのでレトロな建物も点在しています。

金星
渋い劇場!成人映画の劇場だけど。

そして銭湯もいっぱいあります。
亀の湯
汐入・亀の湯。

まだやってなかったけど(^_^;)

そしてトマソンも(笑)
無用階段

無用階段という物件ですね(^_^;)

なかなか面白い街であります。

r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年12月11日

御花畑駅の立ち食いそばと芦ヶ久保のたらし焼き 埼玉県秩父


御花畑駅

秩父に行っている間になにかと立ち寄った御花畑駅。

ここの駅に隣接して立ち食いそば屋があります。

駅そば

たいてい前の晩には日本酒で一杯(いっぱい?)になりますので朝ごはんには蕎麦を食べてました。

いつもは道の駅ちちぶの秩父蕎麦の会の立ち食いに行くのですが、近いのもあってふらっと立ち寄ってみました。

食べたのはきのこそば350円也。

きのこそば

これが結構美味い!
甘辛のお汁にたくさんキノコが入っています。
※かたわらの武甲正宗のカップは水です、お酒じゃありませんっ(^_^;)

同行者のたのんだてんぷらそば。

てんぷらそば

他の客はわりに皆さんコレをたのんでました。

柚子を刻んだのが置いてあって、お好みでコレを入れていただきます。

ここの蕎麦の味が結構気に入ってしまって秩父滞在中にもう一度訪れてしまいました。

後で地元の知人に聞いたら「隠れた名店」だと言っていました。


さて、話は前後しますが行きに寄った道の駅「果樹公園あしがくぼ」。

ここに「あしがくぼ名物・たらし焼き」なるものがありました。

たらしやき1

最近B級グルメ流行りだからか各地でこんなものを見かけますね。
これも友人とひとつずつ買って見ました。

たらしやき2

味はソース味とマヨネーズ味がありました。

お好み焼きとも違うもっちりとした皮にソースが挟まれていて結構美味しいかも。
友人の食べたマヨネーズの方が美味しかったかな。

後で見たらマヨネーズ味の方が売れていました(^_^;)

今回は時間が中途半端でずりだしうどんは食せず。次回に!

r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)