麺食の旅紀行

2011年07月26日

昔ながらの武蔵野うどんの老舗店 小島屋


小島屋

武蔵野うどんではある意味有名店の東村山の「小島屋」に行って来ました。

川越からの帰り、また武蔵野うどんを食べようと考えておりました。
で、藤店うどん。
ちょっと早すぎるし、ちょっと前に食べたよな〜って事で行きに行けなかった入曽の「なんかん」に向かいます。
しかし、定休日の札が。

また竹國という手もあるけどそれじゃつまらない。
しかもまだ11時10分前〜そうだ!いい機会だから途中の武蔵野うどんの本場、東村山近辺でうどんを食べようと思いつきました。
とりあえずだいたいの位置を知っていたのは「小島屋」だけだったんでテキトーに向かったんですが〜やはり下調べしてなかったんで、途中で不安になって結局スマフォで調べました。
まず店名で検索してちゃんと住所を調べ、googleマップで位置を調べていたました。
いやぁ〜便利な時代になったものですね(^_^;)

武蔵大和の駅前から東村山駅へのバス通りをずっと走っていくと、その道路沿いの交叉点の角に突然表われるように「小島屋」さんがありました。
店のおばちゃんに聞くと駐車場は裏側。
裏手は大きな樹のある昔ながらの農家の家の感じ。
そこにバイクを置いて表に廻って店にはいります。
店には竈で使われる薪がたくさん積まれて置いてあります、

小島屋店内

藍染の暖簾をくぐると店内はいかにも昔ながらの食堂といった佇まい。
もちろんクーラーは無く、窓が開け放たけていますが風が入って結構涼しい感じです。
手前はテーブル席、奥に座敷席もあります。
厨房からはうどんを煮る薪釜の薪を燃す匂いが漂っています。

小島屋メニュー

お昼よりちょっと前に入ったので他には持ち帰りの客1名のみ。
入ってすぐのテーブル席についてさっそく肉汁うどん(特)をたのみます。

席について待っていると次々と地元のお客さんがやって来る。
やはり地元の繁盛店なんですね。

うどんは見込み茹でのようでわりとすぐに出て来ました。

肉汁うどん特

汁の具は豚肉のみ、うどんはざるに盛られて塩で搾ったキュウリのおひたしと小さなゴーヤ天ぷらが添えられています(天ぷらはその日によって違うのかも)。
小皿にはネギと柚子を刻んだものが盛られています。

それではさっそくいただきます。
麺はほぼ真っ白、うっすらとちょっとだけ色づいた不揃いの縮れがあり、良い具合の感じの硬さでとってもいい感じの食感。
汁はよい塩梅の濃さの醤油味で豚肉の脂の旨みが効いています。
そこに刻み柚子を入れるとよい香りがしてとっても美味しい。

麺はメニューで並、特、特々とあるので特をたのみましたがそんなに多くはなかったのでいっぱい食べたい人は特々がオススメかも。
今度行く時はここのお店のもう一つの売りであるお団子も食べたいですねぇ。

小島屋さんは武蔵野うどんでネット検索すると必ず出てくる有名店なのでどんな感じなのだろうと思っていましたが、地元で愛される昔ながらのうどん屋さんという感じでとっても良かったです。
いやぁ〜また行きます(笑)

r32_takacyan at 15:05|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2011年07月23日

冷や汁うどん・竹國うどん 堀兼店


冷汁

今日は昼頃に出発して川越へ。
遅いお昼はうどんと思い、入曽辺りを経由するも既に準備中の札が出ていました。
あと思い浮かぶのは藤店うどんですが前回も行ったし時間的に微妙。
そこで思い出したのが「竹國」です。
たしか中休み無しで6時までやっている。
ちょうど通り道だし即決定(^_^;)
ちょっと走って到着です。

午後2時を過ぎた時間帯ですがそこそこお客が入っています。
到着するまでは肉汁うどんと思っていたのですが、席に着いてテーブルに貼られたメニューを見たら冷や汁うどんの季節というのを思い出してたのんじゃいました。
冷や汁うどん大盛り(500円)に季節野菜三点盛り(150円)を付けてもらいます。
ここはうどんは小中大どれでも同じ値段です。

空いている時間帯なんで見込み茹では無く、しばらく待ってうどん到着。

今年初めての冷や汁、さっそくいただきます。
麺はもちもち、汁はちょっと甘いめですがよく絡んでなんとも美味い。
季節野菜三点盛りは茹でたほうれん草、キャベツと素揚げした茄子。
はじめは冷や汁にはどうかと思ったけど、これが結構美味い。
特に素揚げした茄子はとっても冷や汁と合いました。

最近大盛りがちょっとキツくなってきたのですが、今回は難無く完食いたしました。
いやぁ美味かったです。


ところで、乗っていたバイクのエンジンが不調になっちゃったのに気を取られて店頭の写真撮り忘れちゃいました〜あちゃー(^_^;)


r32_takacyan at 21:20|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2011年07月21日

富士山麓、吉田うどんの救世主・つるや食堂 山梨県富士吉田市


つるや店頭

ちょっと最近更新をさぼっちゃって、だいぶネタがたまっちゃいました(^_^;)
少しづつ書いていこうと思います。

山梨の下部温泉に出掛けた帰り道、強烈に吉田うどんが食べたくなって訪れたのは「つるや食堂」。

創業して50年以上という老舗の食堂です。
場所は市街地からはちょっと離れた場所、説明しづらいのでこちらでも見てください(手抜き)。

多くの吉田うどん屋が昼時の短い時間しか営業していないのですが、こちらのお店は夜まで通しで営業されています。

いつも吉田うどんの地域を通過するときはお昼を目指しているのですが、毎回だとそうもいきません。

そんな時はつるや食堂があるぢゃないかと目指す、云わば救世主のようなお店なのです(おおげさ)。

もちろんうどんも美味しいんです。

今回たのんだ(というか毎回たのむのはコレ)肉うどん。
肉うどん


吉田うどんは店によって汁の味噌、醤油、または醤油+味噌というふうに違いがあるのですが、つるやさんはあっさりめの醤油味。

とっても美味しくてつるつるっと〜あっというまに食べちゃいます。

おっと忘れちゃいけない、これも吉田うどんの特徴「すりだね」を入れます。
すりだね

これは胡麻と唐辛子等ほ合わせた辛み調味料なのですが、やはり店によって味が異なります。

結構辛かったりするので、初めての方はちょっとづつお試しください。


そして同時にたのんだ冷やし肉うどん。
冷やし肉うどん


吉田うどんの店で昼を食べるとこの組み合わせで注文する男性をよく見かけます。

こちらは少し濃いめの醤油味の汁がかかった、讃岐で言えばぶっかけのようなうどん。

もちろん肉はさくら肉です。

いやぁ〜満足です、どちらも美味かった。


r32_takacyan at 20:06|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年06月26日

肉汁うどん&揚げ餅は至福の取り合わせ 藤店うどん川越店


藤店うどん

昨日は午前中、雨の降る前にバイクで川越へ。
ちょうどお昼時に通りかかったのが藤店うどん川越店。
相変わらずの人気ぶりで、まだ11時代だけど駐車場は満車。
しかし一人だったからかタイミングがよかったのか即案内される。
しかし繁盛店って活気があっていいですね。
ついたのは中央の大テーブル。
向かいではガテン系の若者が大盛りを食べています。

注文はもちろん肉汁うどん、中にして、あとは揚げ餅もたのみます。

それにしてもタイミングがよかったようで外には待ち客の列が出来ていました。

しばらく待って肉汁うどん中が出てくる。
肉汁

いや武蔵野うどん、久しぶりです。
早速いただきます。
具だくさんの汁は豚肉の旨味が溶けだしていて、そこにモチモチの麺をつけて食べます。
藤店うどんはあつもりができるので肉汁が冷めるのを抑えられていいですね。

食べはじめてからしばらくして揚げ餅も出てきます。
揚げ餅

揚げ餅を汁に投入しるところものあぶらが汁に溶けだして味が変わります。
この味の変化がなんとも楽しい。
そこにまた麺を入れて食べる、これが美味いです。

あっという間に完食、ごちそうさまでした。

いやぁ〜久々の武蔵野うどん、美味かった。


追記。

今日の帰りにお持ち帰りうどん買ってみました。
午前中は10時からやってるんですね。

r32_takacyan at 18:20|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2011年06月07日

三軒茶屋にあるアジアの街角 あじあ屋台FO


フォー 店頭

三軒茶屋の駅前、ちょうど世田谷通りと玉川通りの分岐する交叉点はとても人通りの多いところ。
この傍らの角地に黄色いテントに「あじあ屋台FO」と書かれた文字通りアジアの屋台風なお店があります。

よしずと布張りの中にはカウンター席が詰めて4席、小さいテーブルが1卓と狭い店舗なのですが、いつ見ても満席に混んでいます。
カーテンの様な布の切れ目が入口でメニューと黄色い「ベトナム汁そば」の提灯が掛けられています。


中はぶんぶん扇風機が回っていますが、すこしムッとするような蒸し暑さ。
ナンプラーやパクチーの香りが漂っていて、席に座っているといかにもアジアの街角といった雰囲気。

テーブルにあるメニューをみて注文を検討、どれも食べたいものばかりです(笑)

フォーメニュー


▼豚肉そぼろと野菜のフォー。
豚肉そぼろと野菜のフォー


▼鶏肉と野菜のフォー
鶏肉と野菜のフォー


鶏肉と〜の方はあっさりした塩味、豚肉そぼろの方はもう少し濃厚な味でどちらも美味しい。

この季節にとっても合っていてササっといただけます。

他にも気になるメニューがたくさん。
次回はご飯ものに挑戦してみたいです。

r32_takacyan at 20:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年05月27日

川越太麺やきそば みどりや

ca15e474.jpg
今日はお昼を軽くすませたからかお腹がすいてしまい、せっかく川越なんだから太麺やきそばを食べようと「みどりや」に行って来ました。
駄菓子屋の奥の外からは見えないやきそば屋スペース、雨が降り始めの午後に他に客はいませんでした。
メニューはやきそばの中350円、大400円、特大450円の三種類のみ。
晩御飯に影響してもなをなので中にしておきます。

cebee69f.jpg
ちょっと待ってやきそば出てくる。
早速いただきます。

具はほとんどキャベツのみのシンプルなソースやきそば。
太いモチモチ麺にソースが絡んで美味いです。
今のところ川越太麺やきそばでは私的にはこの店が一番お気に入りかな。

ところでやきそばで何か引っ掛かっていた様な気分だったのだが、食べはじめてから近所に出来たやきそば屋が課題だった事を思い出した(^_^;)
私的にはやきそばというとちいみどりやが最初に思いうかんじゃうんだよね。
まぁ〜とりあえず次回に持ち越し。

しかし〜やきそばのソース味ってクセになりますよね。
書いてたらまた食べたくなってきた(笑)



0e83720f.jpg
帰りに東電近くの旧川越電気鉄道久保町駅跡を見てゆく。

昔はここから大宮までたんぼの中をのんびりとした電車が走っていたそうです。


r32_takacyan at 23:41|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年01月26日

美味しい中華そばを食べに葡萄の里へ・大石家 長野県塩尻市


大石屋

美味しい中華そばを長野県塩尻市のお店に行って来ました(訪問したのはちょっと前、というか昨年11月になります)。

お店の名前は「大石家」。

松本歯科大の近くの葡萄畑に囲まれた地に建っています。

以前には何度も訪れた店、久々の訪問です。

はじめはもっと市街地に近いお店でした。
この地へ写ってからもだいぶ経ち、以前より大きな建物になっていました。

店に入ると正面の厨房を挟んで左右に別れて客席があります。
右手はカウンター席、左手は広々とした座敷席です。

すでにかなりお昼を過ぎた中途半端な時間帯にて他に客も少なかったので座敷席に着かせてもらいました。

▼壁のメニュー、シンプルにこれだけです。
大石屋メニュー


チャーシュー麺大盛りを注文してしばらく待ちます。

窓の外は葡萄畑。
大石屋 窓の外


チャーシュー麺出てくる。
大石屋ラーメン

これぞ中華そばという感じ。
スープの色が濃いので味も濃そうに見えますがそれほどでもなく、適度な塩加減の美味しい中華そばです。
具はチャーシュー、メンマにかまぼこ、そして少し多めのネギ。
昔からまったく変わりません。

麺はこんな感じです。
大石屋 麺


そしてチャーシュー、厚切りです。
大石屋チャーシュー

そういえば忘れていた!以前は〜チャーシュー麺の時は大盛りにしないんだった。
かなりのボリュームで食べ過ぎパターンになるのでした。
最後はチャーシューのみ食べる感じになります(^_^;)
でも美味い。

これ書いてるとまた食べたくなっちゃいます(笑)

r32_takacyan at 19:04|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2011年01月06日

初うどん・才谷屋〜路地裏に猫を見に行く。 埼玉県川越市


才谷屋

今年初めてのうどんを食べに本川越駅近くの讃岐うどん「才谷屋」さんに行って来ました。

なかなか美味しい讃岐うどんを食べさせてくれる才谷屋さん、ちょうどお昼頃で結構混んでいます。

たのんだのはチーズかまたま「チーたま」。
かまたまはたのんでからちょっと時間が掛かります。
だいたい12分くらい待って出てきました。

ちーかま

コレをまぜまぜしていただきます。
うどんの熱でチーズが溶けて玉子と絡み、胡椒が効いたカルボナーラ風うどんです。
カリッとしたベーコンがいいアクセントです。

こちらは同行者のたのんだたんたんうどん。

肉みそたんたん

肉みそが美味いヤツですね。
ご飯が食べたくなったりします(^_^;)

さて、お腹がいっぱいになったのでぶらぶらと一番街を散歩。

途中から裏通りに入って猫のたくさんいる某教会へ。

猫教会1


あたたかい日向でのんびりしてますねぇ。

猫教会2


おっ!こいつは舌をしまい忘れてる(笑)

猫教会3


r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2010年12月13日

辻堂西口・浜の湯 神奈川県茅ケ崎市


浜の湯

土曜日は用事で藤沢駅周辺へ。
あたたかい日だったのでそのまま辻堂まで廻って不動湯へでも入ろうと行ってみると定休日(^_^;)

あちゃ〜、しかしこんな時辻堂だと助かります。

駅の西口側にもう1軒のレトロ銭湯「浜の湯」があります。

今日はここに入りましょう。
辻堂駅の西口前、ちょうど藤沢市から茅ヶ崎市に入った境界線際に同湯が建っています。
横は広大な関東特殊鋼の工場跡地、開けていて夕日がキレイ、同湯もよく見えます。
あたりは現在再開発が着々と進行中です。

浜の湯は神奈浴のHPのトップページにも写真が使われている銭湯です。
少し小型の地方銭湯サイズですが、なかなか見どころの多い銭湯なのです。

暖簾をくぐって右手の男湯へ。
番台の女将さんに料金を支払い中に入ると土曜日夕方とあって結構混んでいます。
ここはロッカーもありますが籐の脱衣カゴも現役で使われています。
このカゴを入れる棚まで実用されているのですが、このような棚は最近は他では見なくなりました。

さて浴室。
奥の壁は富士山のペンキ絵、神奈川の絵師が描いた古いもの。
その下には「道立大沼公園・胡山画」と銘が入ったタイル絵で沼の真ん中を盛り上げた築堤上を走る機関車に引かれた車両という珍しいタイル絵があります。
男女境壁には横長の東海道絵図・弥次喜多道中のタイル絵があります。
この絵、構図やストーリー性が面白い絵なので、ついついいつも眺めてしまいます。
浴室は奥に深浅2槽で浅いほうはジェットになっています。
カランは両壁側と島カラン1基、5.4.4.5の配列で両壁側のみシャワー付き。
島カランは鏡の付いていないシンプルなタイプのもの。

湯は少し熱いめなので、この季節はとっても気持ちイイ。
相客は5人程度ですが入れ替わり立ち替わりやって来ます。
2人の年配の友人どうし?が浴槽の縁に腰掛けて延々とギャンブル談議に熱が入っていました。
まぁ風呂だから熱もはいりますかね(^_^;)

上がって出ると、外は真っ暗。

辻堂も北川の駅前はどんどん変わっていきます。
以前は工場跡地で広々した空き地だったのが、今回は道が増えて建物も増えてました(^_^;)
そのうち激変しますね、こりゃ。

みちくさバナー


r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年12月11日

御花畑駅の立ち食いそばと芦ヶ久保のたらし焼き 埼玉県秩父


御花畑駅

秩父に行っている間になにかと立ち寄った御花畑駅。

ここの駅に隣接して立ち食いそば屋があります。

駅そば

たいてい前の晩には日本酒で一杯(いっぱい?)になりますので朝ごはんには蕎麦を食べてました。

いつもは道の駅ちちぶの秩父蕎麦の会の立ち食いに行くのですが、近いのもあってふらっと立ち寄ってみました。

食べたのはきのこそば350円也。

きのこそば

これが結構美味い!
甘辛のお汁にたくさんキノコが入っています。
※かたわらの武甲正宗のカップは水です、お酒じゃありませんっ(^_^;)

同行者のたのんだてんぷらそば。

てんぷらそば

他の客はわりに皆さんコレをたのんでました。

柚子を刻んだのが置いてあって、お好みでコレを入れていただきます。

ここの蕎麦の味が結構気に入ってしまって秩父滞在中にもう一度訪れてしまいました。

後で地元の知人に聞いたら「隠れた名店」だと言っていました。


さて、話は前後しますが行きに寄った道の駅「果樹公園あしがくぼ」。

ここに「あしがくぼ名物・たらし焼き」なるものがありました。

たらしやき1

最近B級グルメ流行りだからか各地でこんなものを見かけますね。
これも友人とひとつずつ買って見ました。

たらしやき2

味はソース味とマヨネーズ味がありました。

お好み焼きとも違うもっちりとした皮にソースが挟まれていて結構美味しいかも。
友人の食べたマヨネーズの方が美味しかったかな。

後で見たらマヨネーズ味の方が売れていました(^_^;)

今回は時間が中途半端でずりだしうどんは食せず。次回に!

r32_takacyan at 20:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)